整形手術で幸せ/不幸になる女性の違い

あなたが整形手術をする理由

整形手術をする前に、あるいは次の整形をする前に。
少しだけ、あなた自身を見つめてみましょう。

何故「整形をするのか」といえば、あなたは何かを「変えたい」「変わりたい」「変わったほうが良い」と考えているから他なりません。

この起点(それが起こる場所)は、一体どこにあるのでしょうか?

まずそれが《今》であること。

《今》あなたは「変えたい」と思うから、整形を考えるわけです。
〈過去〉にそう思ってったけど《今》は思ってない、だと「変えたい」にはなりません。

そして、その《今》よりも、変わった〈未来〉の方が、幸せだと思っていること。
「未来はきっと幸せになるはず」と考えなければ「今を変えたい」とは思いません。

その場合「今、私は幸せではない」が起点になります。

「今、私は幸せではない」だから「変わりたい」そして「整形をする」という手段によって「未来では幸せになる」という流れ。

この流れからいくと、例えどんな素晴らしい整形手術を施しても、永遠の「今、私は幸せではない」旅に出発してしまうことに、なりかねません。

では、何を起点にすれば、整形手術によって幸せになれるのでしょうか?

あなたが整形手術をする理由

整形手術をして幸せになるための方法

整形によって幸せになれる女性は、何が違うのでしょうか。

それは『今、すでに幸せ』な女性です。

「いやいや、今幸せなら、整形する必要なくない?」と思われましたか?

『今、すでに幸せ』だって、整形したって良いのです。
『今、すでに幸せ』なら、この先もずっと幸せです。

「いやいや、整形をキッカケに、幸せになった女の子を知ってるよ?」と考えましたか?

それでも、その女の子は「未来に幸せになった」のではなく『今、すでに幸せ』になったんです。

そうですよね。タイムマシンに乗って、その女の子を未来を見て、幸せなのを見てきたのではなく、まさに『今、すでに幸せ』な、その女の子を知っているのですよね。

自分のことを「変えたい」「変わりたい」「変わったほうが良い」という思いは切実です。
でしたら、あなたは決して失敗などしたくないはずです。
だから絶対に失敗しない方法を取りたくないでしょうか?

そのヒミツのテクニックを、これを読むあなたに、特別にお伝えします。

それは「変わってから幸せになる」のではなく『今、すでに幸せ』になること。

ここを起点にすると、どんな整形手術を受けても、受けなくても、どっちでも《幸せ》になることから逃れられません。

もしあなたが「もういい加減に不幸になりたいんだけど!」と、どれだけ強く願ったとしても、あなたはずっと《幸せ》で在り続けます

整形手術をして幸せになるための方法

幸せを当日キャンセルするのはやめよう

《幸せ》は、連日あなたに予約しまくりです。

あなたはそれを〈当日キャンセル〉し続けています。

「また今日も、会う準備ができてない」っと。

「整形しないといけないし、お金も貯めなくちゃ。素敵な恋愛をもっとしたいし、それに今の仕事のままじゃ受け入れてもらえないと思う」等と、ずっとキャンセルし続けています。

でも〈幸せ NG〉にはしないのです。
本当は《幸せ》に会いたい(なりたい)と思っているから。

と、極端かもしれませんが、あなたが「今、私は幸せではない」と思われているのなら、やってることは、こういったことなのです。

〈整形する/しない〉は、幸せと全く関係がありません

起点『今、すでに幸せ』なら〈整形する/しない〉に関わらず、ずっと《幸せ》で在り続ける

実はシンプルに、それだけのことなのです。

幸せを当日キャンセルするのはやめよう
思い出そう
  1. 何故変わりたいかの起点を発見すること
  2. 今すでに幸せなら、ずっと幸せで在り続ける
  3. 幸せを当日キャンセルするのはもうやめる