自慰行為は自愛を伴うと美容・恋愛に効果

どんな意図を持って自慰行為をするか

オ○ニーと言ったほうが一般的ですが。
文中で連呼するのもあれなので〈自慰行為〉で統一したいと思います。

あなたが日常の中で、自慰行為をするキッカケは何でしょうか。

日常の習慣的に、ただ何となく、欲求不満で等、タイミングは人それぞれ。
ポイントはそこではなく、それをする意図です。

自慰とは「自分を慰める」と書きます。
〈慰める必要のある時〉=〈何かが満たされないと感じてる時〉とも言い換えられます。

「日常の習慣的に、何かが満たされていない」
「ただ何となく、何かが満たされていない」
「欲求不満、欲して求めても得られなくて、何かが満たされていない」

そういった意図から自慰行為に至ると、短い時間では満たされたと感じますが、時間が経つと、また次の「何かが満たされていない」がやってきます。

ただ勿論、自慰行為の全てが「何かが満たされていない」わけではありません。
行為は同じでも、どんな意図を持つのかによって、大きな違いを生み出します。

どんな意図を持って自慰行為をするか

自慰行為を自愛行為に置き換えよう

〈慰める〉という意図は〈慰めが必要な状況〉を創り出します。
これは超重要ポイントです。

〈慰めが必要な状況〉があるから〈慰める〉のではありません。

もう一度全く同じことを述べます。
〈慰める〉という意図が〈慰めが必要な状況〉を創り出しているのです。

スッと入ってこない場合は、とりあえず置いておきましょう。
あなたのタイミングで「あ、そうか!」と、必ず腑に落ちます。

自慰行為が〈自分を慰める行為〉になっていると、人生のあらゆる場面で「何かが満たされていない」と感じさせられます。

自慰行為を《自愛行為》に置き換えましょう。
それは『ありのままの自分を受け入れる』行為です。

あなたは自分について「ここが嫌い、こうなったら、もっと良かったのに」と不満に思う部分はありますか?

その不満に思う部分があったとしても……
「それでも、そんな自分を愛してる」と受け入れてみましょう。

……簡単には受け入れられませんか?

その場合は、そんな「受け入れられない自分」を『受け入れてみましょう』

「受け入れなくちゃダメなんだ!」ではありません。

「受け入れなくちゃダメなんだ!」って思ってる……
その、ありのままの自分を『受け入れてみましょう』

ありのままの自分がわからなくなってるなら……
そのわからなくなってる自分を『受け入れてみましょう』

それでも「受け入れられないっ!」なら……
その「受け入れられないっ!」自分も『受け入れてみましょう』

それが《自愛行為》です。
これを伴えば、行為の方法自体は何でもかまいません。

自慰行為を自愛行為に置き換えよう

何故、自愛行為は美容・恋愛に効果をもたらすか

究極の美容とは何かわかりますか?

それは「綺麗になる」ことではなく『綺麗で在る』ことです。

「今はまだ綺麗じゃないから、綺麗になりたい……」
と、思い続けることではなく
『今もうすでに綺麗』と感じられたり、感じられる場面があること。

これこそが、本当にあなたが望んでいることではないでしょうか?

恋愛も同じで
「何かが満たされていない、だから満たしてもらいたい」
と思い続けることではなく
『今もうすでに満たされている』
と、そう感じられることや、その場面を望んでいるのだと思います。

では、実際に、その場面が訪れたとしましょう。
イメージしてみてください。

それって、あなたが『ありのままの自分を受け入れてる』場面ではないですか?

《自愛行為》は、まさにそれを叶える、素晴らしい行為です。

「素晴らしいけど、そんな不思議なことあるの?」と思われますか?

「ありのままの自分を受け入れる」ことが
『ありのままの自分も受け入れられる素晴らしい場面』

創り出す
のです。

スッと入ってこない場合は、とりあえず置いておきましょう。
あなたのタイミングで「あ、そうか!」と、必ず腑に落ちます。

何故、自愛行為は美容・恋愛に効果をもたらすか
思い出そう
  1. 同じ行為でも、持つ意図によって大きな違いを生み出す
  2. 自愛行為とは、ありのままの自分を受け入れること
  3. ありのままの自分を受け入れることが、その場面を創り出す