胸を大きくしたい女性必見の究極バストアップ方法

胸を大きくしたいですか? → はい/いいえ

胸を大きくしたいですか?

あなたがその答えに「はい」と答えるなら、この記事は役に立つはずです。

何故ならこれが、究極のバストアップ方法だからです。

《究極》と銘打つと、あなたに「そんなことってあるの?」と疑いが生まれるかもしれません。

しかし真実の最初の扉は、突拍子もないところに現れたりするものです。

重要なポイントを3点、以下の文中に数字を振りました。

是非見逃さず、疑いではなく《実践》によって、あなた自身でその効果をお試しください。

……ちなみに、効果があっても、ご報告のメールなどは送って頂かなくて結構です。

効果が100%あることは、すでに十分理解しておりますので。

あなたが「胸を大きくしたい」という思いは切実なものがあります。

もしこの世の中に女性しか存在しないのだとしたら、そこまでの思いにはなりません。

男性という存在をあなたが認識し、その目線があるという意識の影響は無視できません。

「いや、男性の目線とか関係なく、自分が望むスタイルになりたいだけ」と思われる方もいると思います。

① まず最初の重要なポイント

〈男性の目線〉というものは「一切存在しない」のが事実です。

事実は『男性の目線だと、あなたが認識し、あなたがそれを創り出している』ということ。

同じように聞こえるかもしれませんが、このポイントを、少し見つめてみてください。

逆の言い方をしてみましょう。

『あなたが認識しなければ、男性の目線というものは、一切創り出されない』

これは別に「目線に気が付いていなければ、無いものと一緒だ」ということではありません。

ポイントは《あなたの認識》という部分。

何故それが重要なのかは、後ほど、あなた自身が気付かれるはずです。

胸を大きくしたいですか? → はい/いいえ

時間にあなたが使われてはいけません

あなたが「胸を大きくしたい」と答えた時。

〈「胸を大きくしたい」あなた〉を、あなたは認識しています。

「胸を大きくしたい」とはつまり、どのような状態でしょうか?

言うまでもなく「今は胸が小さい」や「今の胸には不満がある」といったことでしょう。

ここがあなたの《起点》となっています。

そういった「不足感からの欲求が起点」となっている時、あまり上手くはいきません。

正確に言えば「たまに上手くいくこともある」のですが、殆どは残念な結果になります。

② 次の重要ポイントです

「不足感からの欲求が起点」となると、その次にあなたは〈時間という概念〉を大抵採用します。

あなたは「胸の小さな自分」→「胸の大きな自分」になりたいのですよね?

あなたは、その矢印部分に〈時間という概念〉を採用するのです。

当たり前に思われるかもしれませんが、実は「当たり前だと思うところ」に、真実が隠れています。

いや「隠れている」というよりは「隠れてなさすぎて、逆に無視してしまってる」が、より正確でしょう。

それはつまり《時間は存在しない》こと。

時間が存在できるのは、あなたが〈時間という概念〉を採用し、あなたのその認識で、あなたが世界を創り上げる時です。

時間は確かに便利です。

例えば待ち合わせなどに。

しかしながら、あなたが何かを達成したい時に、それを採用する必要はありません。

むしろそれが《時間の便利な使い方》なのです。

時間にあなたが使われてはいけません。

あなたが時間という概念を『あなたの都合良く』扱うのが望ましいのです。

時間にあなたが使われてはいけません

起点を変える、認識を変える

「うさんくさい話だ」と、どこか途中で読むのを止めてしまった人もいるかもしれませんね。

でもその人には、その人のタイミングがあるのです。

何も、もったいないことはありません。

ここまで読んでくれたあなたには、どこかピンとくるところがあったのかもしれません。

その感覚は大切です。

ここまでの話をまとめましょう。

① あなたの認識によって、それは創り出されている

② 時間は存在しないことを知り、都合良く扱う

そして

③ 次が最後のポイントです

二つ目でも挙げました《起点》の認識を変更しましょう。

「起点 → 終点」ではなく『起点 = 終点』と認識するのです。

時間は存在しないですから、スタート地点がゴール地点です。

つまり「私は胸が小さい」ではなく『私の胸は大きい』を起点にしましょう。

あなたは『私の胸は大きい』と認識するとき、どんな感情や感覚を抱きますか?

「胸を大きくしたいですか?」の質問にはどう答えるでしょうか。

もうすでに、あなたの満足する、十分な大きさであった時「はい」と答えるでしょうか。

「じゃあ、いいえと答えれば良かったの? 小さいのを大きいと思い込めってこと?」と思われますか?

あなたはがなりたいのは「胸が大きくなりたい私」ではなく『もうすでに今、胸が大きい私』ですよね。

「胸が大きくなりたい私」を採用すると、ずっと「胸が大きくなりたい私」の存在を証明するような世界が、あなたの周りで展開されます。

「胸が大きくなりたい私」は、バストアップ方法を検索し、サプリを調べ、マッサージに励み、食事を見直し、生活習慣を改善させ、ナイトブラを付け、豊胸手術広告を見て、お客様の声を熟読し、手術について調べ上げ、メリットやデメリットを確認し、予算と相談し、いざ実行すると満足は永遠には続かず、今度はメンテナンスの心配をし、年月が経ち、よりよい手術方法が世に出れば、またそれ調べ上げ……などなど。

それぞれの方法や手段が悪いわけではありません。

実際、豊胸手術も含め、効果的なものは数多くあるでしょう。

但し「不足感からの欲求が起点」となると、あなたは時間に使われることから抜け出せなくなります。

あなたの《終点》は何でしょうか?

あなた自身を見つめ直してみてください。

どういった経路を辿っても、行き着くところ、きっと変わりません。

あなたは「満足したい」のであって、言い換えれば《幸せ》で在りたいのではないでしょうか?

どんな手段や方法を取ってもOKです。

もちろん何もしなくてもかまいません。

あなたの身体にピッタリの方法は、あなた自身が知っています。

その時、あなたが『満足している』状態を起点にしてみてください。

ハッキリと言ってしまえば、バストアップが難しい一番の理由は「あなたが〈バストアップは難しい〉と認識しているから」他なりません。

求め続けると、永遠に手に入りません。

求めることが止んだ時、それは手に入っているのです。

今までは順番が逆でした。

ここを入れ替えてみましょう。

簡単です。

簡単でないのなら「あなたは〈これは難しい〉と認識している」からです。

〈常識〉は、世を生きるのに役立つかもしれませんが、あなたの内側に採用する必要はないのです。

「よくわからないけど急に胸が大きくなった!」と常識外れの出来事が起こったってかまいません。

あなたは、世の中の全ての女性の胸が大きくなって欲しいわけではないですよね?

あなたは、あなただけの胸が大きくなって欲しいわけで、そんなものは世の中に起こってきた奇跡からすれば、非常に簡単な部類だとだと思いませんか?

それとも、明日付けるブラが無くなってしまうことを恐れて、それを叶えないのでしょうか?

急に不自然なバストアップをしたら、何かを疑われたり、男性の目線が気になったりするのですか?

《あなたの認識》がそうであるなら、そうですし、そうでないなら、そうでない。

究極のバストアップ方法は、常識からすると不思議かもしれませんが、実は『究極にシンプル』なのです。

起点を変える、認識を変える
思い出そう
  1. あなたが難しいと認識するものは、あなたには難しい
  2. あなたが「無いから」と強く欲し続けると、大抵得られず終わる
  3. あなたが《幸せ》で在るなら、あなたが『幸せだ』と感じる世界になる