デリケートゾーン (VIO) 脱毛で必ず幸せになる方法

情報に対する知識や考えは何処から来ましたか?

美容業界の多大なる努力の甲斐あり、今では多くの女性がデリケートゾーン (VIO) 脱毛をされています。

いわゆる〈パイ○ン〉と呼ばれる状態。

メディアでは芸能人もそれを公言するほど、脱毛はオープンなことになりました。

あなたもすでに脱毛済みですか?

それとも脱毛を考えているところですか?

もし「私もやるべきなのかなぁ」と考えているのなら、例え誰かに勧められようとも、その考えの元は、冒頭に記した〈美容業界〉が植え付けたものです。

決してそれを「悪い」と言っているわけではありません。

あなたが日頃「コレってやっぱりこうした方が良い」とか「アレはこうするのが流行ってる」とか、物事に対して、何かしら判断がなされているものは、全て、誰かの思惑によって植え付けられたものである可能性が高い、ということです。

「いやいや、ネットでちゃんと調べたけど、メリットも多いし、今の時代はやった方が良いよ」

あなたがネットでウェブサイトを閲覧し情報を得ようとする時、ウェブサイト側はあなたの情報を得ます。

あなたはご存知でしたか?

Google 検索で、美容関係のワードを調べた時、検索結果ページの最初の数ページに出てくるサイトの大本は、ほぼ全てが一緒だということを(当然ですが、一般的には調べてもわかりません)。

この状態を作り上げるのに、とんでもない金額を費やしています。

レビューサイトなんかもほぼ全部同じです。

試してみてください。

例えば、それに対して「ネガティブ」なワードを加えて調べてみて、ヒットするサイトを見ても、結局何かしらのサロンが紹介されています。

サロンは違くても、それを辿ると、資金源が一緒で、結局儲けるのは同じ人たちです。

A社もB社もC社も、それぞれメリットがあって、迷うところですが、どれも奥の奥では繋がっています。

……改めて断っておきますが、それを別に「悪い」と言っているわけではありません。

資本を持つ者たちが、知恵と工夫を練って、戦略を施した結果で、僕個人的にも凄いことだと思います。

何より、消費者が満足できる、クオリティの高いサービスを提供すれば、誰も損はしていません。

Win-Win が成り立っています。

ただ知っておいて頂きたいのは、あなたの考えは〈そう考えさせられるように誘導させられた〉こと。

念の為、もう一度言いますが、それを決して「悪い」とは言っていません

「私も早く○○しなくちゃ!」という欲求に煽られたとしても、その欲求は人工的に作られたモノだということを、まず理解してください。

※記事のトーンが「陰謀論を暴く!」みたいになっていますが、そういうことではありません

情報に対する知識や考えは何処から来ましたか?

全ての欲求の行き着く場所は何処なのでしょう?

仮の物語です。

あなたはアンダーヘアを自然のままにしていました。

ある日ふと「脱毛しようかなぁ」と思いました。

はい、ここでストップです

最初のこの「脱毛しようかなぁ」という思考がすでに、あなたのものではありません。

思考の得意とするのは、意識的にも無意識的にも、何かと何かを関連付けることです。

AはBに関係があるとか、CをするとDになるとか、EをするとFになるのは難しいとかです。

思考は四六時中そんなことをやっていて、それが意識に上がってくると「脱毛しようかなぁ」と繋がるわけです。

そして、あなたが脱毛によって望んでいることは、それで「幸せになること」ではないでしょうか。

《幸せ》と表現すると、大げさに聞こえますか?

しかし〈欲求の全て〉は、その目的を順番に辿っていくと、最終的には〈それによって幸せになりたい〉となるのです。

あなたがこの文章を読んでいるということでしたら、あなたにも必ず当てはまるはずです。

ゆっくりと落ち着いた時間の時に、試してみてください。

「私が○○したいと思うのは何故だろう?」の答えが「△△だから(かもしれない)」と見つかる度に、見つかった△△を○○に入れて、どんどん続けていくと、言葉は変化していきつつも、最後の最後に〈それによって私は幸せになりたい〉が必ず来ます。

デリケートゾーン (VIO) 脱毛をしたい、から始めても、必ず最後には《幸せ》を求める欲求にたどり着くのです。

この文章で、それを納得しようとすると難しいかと思うのですが、実際にご自身で試されると、ビックリするくらい腑に落ちることをお約束します。

全ての欲求の行き着く場所は何処なのでしょう?

脱毛で必ず幸せになる方法とは?

「幸せになりたいって思うのに何か悪いことがあるの?」

しつこいようですが、それを別に「悪い」と言っているわけではありません。

ただ、あなたに流れてきた思考を、ただそのまま採用すると《幸せ》に行き着くまでに、遠回りをすることになります。

思考はあなたのとは全く無関係に流れてきますし、大抵それは誰かの思惑によって流されてきたものです。

あなたは上手に思考を選択しているつもりですが、その選択すらも選ばされています。

そして殆どの場合、どちらを選択しようとも「遠回りになる」よう仕組みが出来上がっているのです。

何故、幸せにたどり着くまで、遠回りになるのでしょうか?

あなたはデリケートゾーン (VIO) 脱毛をしたいということは「何かを変えたい」ということです。

この場合で言えば、多少の時間がお金がかかろうとも、毛がある状態から毛がない状態に変えたいと。

「何かを変えたい」というこの意識がある限り、あなたが幸せにたどり着くことはありません。

残酷な言葉に聞こえるかもしれませんが、重要なポイントなので、よく見つめてください。

「何かを変えたい」では幸せになりません。

《幸せ》とはなるものではなく『在る』ことだからです。

「じゃ脱毛しても幸せになれないの?」

その通りです。

脱毛とは一切関係なく、あなたは幸せで在ることができます。

目安として役立つことを、あなたに差し上げます。

仮にもし、あなたがデリケートゾーン (VIO) 脱毛をしても、身体を触れ合う相手も、あなた自身の思うところも、メリットもデメリットも、今と一切変わらないとしたら、あなたはそれをしますか?

「いやいや、メリットがあるからしようと思うんだって!」

そうやって変化に何か期待をしていると、幸せまで遠回りになります。

逆に「変わっても変わらなくてもどっちでも良いかな」と、気軽な気持ちで在れる時、あなたは脱毛をしても、しなくても、同じように幸せで在ることが叶います。

矛盾をしているように感じるでしょうが、ここにヒミツがあります。

空に浮かぶ雲を、あなたは留めておくことができますか?

雲ひとつない晴天へと変化するのも、大きな雨雲に覆われて雨が降り始めるのも、自然の流れのままです。

もしあなたが辛くなったり苦しくなったり、つまり不幸せだと感じるのは、空に浮かぶ雲を「今日は晴れてくれないと困る」とか「雨が降ると思って傘を持ってきたのに無駄になった」とか、何かをコントロールしようとする時です。

それは脱毛によってそのメリットを受けようとコントロールしようとするのと一緒です。

「コントロールしたい」という欲求(制御欲求)は手放して、脱毛するならする、しないならしないと、流れに任せてみましょう。

不思議な話だと思われるかもしれませんが、その制御欲求を手放すと、あなたに取って一番良いサロンや、一番良い施術者と巡り合うのは、当たり前に容易となります。

晴れる日に晴れる、雨の日に雨が降る、です。

必要な時に必要なものと巡り会えると、それを信頼して、流れてくる思考には振り回されないでください。

脱毛で必ず幸せになる方法とは?
思い出そう
  1. あなたの美容に対する欲求は、誰かの思惑によって作られたもの
  2. その欲求の行き着く先は「幸せになりたい」である
  3. 美容とは関係なく『幸せである』ことでしか、幸せにはなれない