肌ツヤや顔を若返らせる究極の手法【実年齢-12歳】

あなたの「いつか」の為に知っておいて損はない

今回の記事は、二十代前半の方にはあまり刺さらないかと思います。

その年齢の方が、仮に十代女性の肌ツヤをみて「若いなぁ羨ましいなぁ」と思っても、思うだけで、大して危機感は無いですし、肌の再生機能能力もまだまだ高く、多少の不摂生を繰り返しても、本人の「まだ大丈夫」の範囲内だからです。

しかし、どの年代の方が知っておいて損はありません。

最大で「実年齢マイナス12歳程度」まで若返りますが、正直、いきなり到達は難しいです。

もちろん個人差は認めるものの、ここまで行き着くには平均で4〜6年程度必要になります。

例えば、あなたは今27歳だとして、30歳になった時にも同じ27歳に見られたら良いと思いませんか?

今30歳だとして、42歳になった時に、30歳に見られたら、なかなか素晴らしいと思わないでしょうか?

ハッキリ言いますが、必ず効果があります。

嘘も付きませんし、情報の出し惜しみもしません。

ただそれでも、これに取り組み続けられる人は、極々限られています。

非常に簡単なことなのにです(後でわかると思いますが、簡単過ぎて、という見方もできます)。

芸能関係の方などは取り組んでいる方も多いです。

60歳でも48歳程度に見えてもおかしくない方が居ますよね?

あれです。

映画や舞台など、不特定多数の人に観られる仕事の方だと、それを継続する気概があるのです。

あとは特定の方々も、自然に継続できています(それも後ほど)。

あなたの「いつか」の為に知っておいて損はない

なぜ歳を重ねると肉体は衰えていくのか?

まだその具体的手法が書かれていないことに苛立ちを感じていますか?

慌てずにいきましょう。

マイナス12歳にするのですから、この数分を惜しまないでください。

正確に理解することは、今後迷った時に、大いに役立ちます。

まず、何故、年齢を重ねると肉体が衰えるのか、そのメカニズムを把握しておきましょう。

ハッキリとお伝えします。

あなたが年齢を重ねると、その分だけ肉体が衰えていくのは……

あなたが「年齢を重ねると、その分だけ肉体が衰えていく」と認識しているからです。

嘘のように聞こえますか?

もしそうでしたら、あなたの自我(エゴ)はそれだけ固まってしまってるのかもしれません。

EGO とは何でしょうか?

自我(エゴ)を文中に繰り返すので、この記事では視認性の為に「EGO」で統一します。

EGO とは、日頃〈あなたが「これは私だ」と思っているもの〉です。

それが、あなたが歳を重ねても歳を取らないことを、頑なに許していないのです。

常識外れだ、そんなのあり得ない、むしろ、あり得たら困る、本当なら苛立つ、私には無理だから、など。

沢山の思考を積み重ねて、情報を関連付けて、整合性を取り、納得をしようとするのが、その特徴です。

逆に、その EGO が、あなたが望む意図(この場合は、若々しく在りたい)を邪魔しない時、それはアッサリっと叶うし、むしろ、叶っていて当たり前になるのです。

「あり得ない!」と思われますか?

でしたら「あなたにはあり得ない」です。

それがあなたの EGO ですから。

でも EGO は別に「あなたのことを邪魔しよう」だとか、そういうことではないのです。

単にそれが役割・特徴だというだけ。

例えば〈ナイフ〉の役割・特徴は何でしょうか?

野菜や果物をカットするのに役立つが、扱い方を間違えると怪我をすることもある。

端的に言うとこんなところでしょうか。

それと一緒です。

物事に時系列を付けたり関連付けるのに役立つが、扱い方を間違えると真実が見えなくなってしまう。

それが EGO です。

なぜ歳を重ねると肉体は衰えていくのか?

簡単すぎて逆に続けられない理由

ここまで述べれば、熱心に読んでくれたあなたには、もう手法はわかると思います。

「じゃあ、その EGO を無くせば良いんだ!」

しかし、ここがややこしい点でもあるのです。

「じゃあ、その EGO を無くせば良いんだ!」も EGO なのです。

EGO によって EGO をなくすことは不可能

それを試みると出口のない迷路に入り込むことになります。

どれだけ力持ちでも、自分の力によって、自分は持ち上げられないですよね?

世界一の力持ちが、自分の腰に手を当てたって 1mm も浮き上がりません。

それと一緒です。

ですので、アプローチをちょっと工夫しましょう。

EGO が機能しない、あるいは機能しづらいような時間を作るのが、一つの手法です。

あなたが日頃〈あなたが「これは私だ」と思っているもの〉が消えている時間はありますか?

例えば『自分の好きなことに夢中になっている時』や『自分のワクワクするものに没頭している時』です。

これがアッサリと出来る方は、もう何の心配もいらないのですが、実はこれも難しいのです。

「自分の好きなことを見つけようとする EGO」や「ワクワクを探しにいこうとする EGO」に巻き込まれて、これもまた迷宮い入り込んでしまいます。

では、万人が出来て、必ず効果のある手法は何でしょうか?

それは、瞑想 (Meditation) です。

瞑想とは「何かをする」行為ではなく、その『行為から降りる』こと。

つまり EGO を放っておいたり、採用しなかったり、観察したり、ある場合によっては EGO そのものを消し去ったりもします。

何かをすることは人によって、できる/できない、が分かれますよね。

しかし「何もしない」ことは、人によってではなく、誰でもしているのです。

では何故、この「何もしない」が続かないのでしょうか?

「何もしない」ことは EGO にとって唯一、認められないことだからです。

EGO はよく〈時間という概念〉を採用します(あなたが歳を取る理由でもありますね)。

その概念によって「今日より明日は良くなるはず」とか「来月にはこうなってるといいな」とか「将来はこんな夢を叶えたたいな」とか、あなたを『今ここ』にある状態から、それ以外にすっ飛ばします。

あるいはまた「昨日はあんなことがあった」とか「先月のことはもう忘れたい」とか「昔にこんな経験があるから、今こんな状態なんだ」とか、それもまた、あなたを『今ここ』から、瞬時にすっ飛ばしています。

あなたが今日考えていたことは、昨日も考えていませんでしたか?

何にもならないにも関わらず、ずっと同じ思考を繰り返したりしていませんか?

それは、わかっていても、やめられないのです。

〈ナイフ〉がナイフであることをやめられないように、EGO も EGO をやめられません。

なので、わかっていても、取り組める人(という言い方も変ですが、実践できる人)が少ないのです。

では、それも含めて、どうしたら良いのでしょうか?

実は手法については、瞑想の中にも種類があるし、瞑想以外でも山のように存在します。

ややこしいのは、そういった手法を用いなくても、叶うこともあることです(人それぞれなのです)。

あなた自身が「答え」である時、答えを探そうとすると見つからないですよね?

同じことが起こります。

「あなたの答えは、あなたが知っている」

だから

『私とは誰かを知る – Who am I』

それが大切になるのです。

……と、これだと放り投げてるだけに感じられるかもしれないので、ここではまず 瞑想 (Meditation) をオススメします。

具体的な手順については、文章だけだと上手く伝わらない部分があるので、とりあえずこの記事では省略します。

私は、カウンセリングにてお伝えはしていますが、正直なところ、私がお伝えしなくても、然るべき他の方が、あなたにお伝えしてくれれば、それで良いと思っています。

海の水を一人では独占できません。

空気を買い占めることも(火星あたりでは役立つかもしれませんが)。

最後に、何故「実年齢マイナス12歳程度」なのかを

これは、現代の人間社会で暮らす上で、これくらいが、多くの人の許容範囲だからです。

例えばその倍のマイナス24歳だったら……「26歳に見える50歳の方」が居たらあなたはどう思いますか?

コミュニケーションを取る上で、大きな違和感を与えてしまわないでしょうか?

なので、マイナス12歳くらいが、許容範囲内で、かつギリギリ最大限にメリットがあるのです。

「いや、そんなことはない!」と思われるのでしたら、もちろん、それはそれでかまいません。

あなたの認識次第ですから、あなたの都合の良い形で扱って頂くのが、最も良いです。

簡単すぎて逆に続けられない理由
思い出そう
  1. 人に観られる仕事の方に、実践者は多い
  2. 好きなことをし続けている人は、それそのまま実践者
  3. まず1分間だけでも、実践してみる