理想の恋人を作り愛されが止まらないアナタになる方法

理想の恋人が欲しいですか?

現在、あなたには恋人が居ますか?

それとも「恋人が欲しい」と思っているところですか?

あるいは好きな人がいて、その人を「恋人にしたい」か。

それともとっくに恋人は居るが、その人には不満があり「私の理想に変わって欲しい」と思っているか「そろそろ別の恋人を探そうかな」と思い始めたか。

何にせよ、あなたは『理想の恋人』を作りたいと考えているのでしょう。

そしてその恋人に『めちゃくちゃ愛されたい』と。

今回の記事はそんなアナタになる方法をお伝えします。

「もうすでに間に合ってますよ」という方も、その状態が末永く続くように、確認の意味で読んで頂くのも良いかと思います。

理想の恋人が欲しいですか?

あなたがそれを望む時、あなたはそれを望みません

これをあなたの「ラブ・ストーリー」だとしましょう。

ここから始まって、あなたは『ハッピー・エンディング』へと向かっていきます。

それが「ラブ・ストーリー」ですよね?

ではそのストーリーの脚本を創りましょう。

さて、どういう順番で考えますか?

「えぇと、まず出会いはココとかで、お互いビビッときて、楽しいデートも重ねて、性格もカラダも相性バッチリで、それでそれで――」

……はい、すみません

「ストップ」と声を声を掛けるのが遅くなりました。

もう最初から「ストップ」です。

あなたは「物語」の創り方をご存知ではなかったようです。

いえ、悪いわけではありません。

知らなければ、学んで、実践すればそれで解決しますから、どうか気を悪くしないでください。

ではお伝えします……もう気付かれている方も多いかもしれませんね?

『ハッピー・エンディング』のストーリーの脚本を創りたかったら『ハッピー・エンディング』という結末から創り出さなければなりません。

何故でしょうか?

例えば、時系列通りに脚本を書くとしましょう。

そうすると「出来事Aが起こったら、Bにならないとおかしいよね。そうすると次はCになって、Dが待ち構えてると辻褄が合うかな……」と、一つひとつに〈整合性〉を取ろうとします。

もちろん、それがポジティブな出来事で、次のポジティブな事柄と関連を付けていくのなら、まだマシなのですが、残念ながらそうはいきません。

こんなお話があります

ジャグリングというのをご存知ですか?

3つとか4つとか、複数の物を空中に投げて、それを取るを繰り返し、常に1つ以上の物が浮いている状態をキープする、あのパフォーマンスですね。

例えば、ジャグリングをする人が「今までになかった新しい挑戦する」としましょう。

挑戦が始まりました。

いつもはわずか5秒程度で失敗してしまうことが多いのに、この日は何が良かったのか……10秒を超え、20秒を超え、なんと1分近く、自分の経験の限界を超えてジャグリングが続きます。

その時に、意識的にも、無意識的にも、その人の自我(エゴ)は、次のような言葉を発し始めます。

「おかしい、こんな成功し続けるなんてありえない!」「今までと違う!」「上手く行き過ぎると、必ず後で痛い目を見るぞ!」「お前が凄いわけじゃないんだ!」「今回はたまたま上手く行ってるだけだ!」などなど。

「上手くいきたくて」挑戦してるのに、全く逆の「失敗するように」導く言葉が出てきます。

実は、いつも通り失敗している時には「いつもどおり」という〈快適ゾーン〉に居います。

そこから抜け出してしまうと、自我(エゴ)は「快適ゾーンに戻ろうとしてしまう」のです。

例え、長らく成功を望んでいたことであっても。

これは「強固な意志力」などで、対処できるものではありません(実はそんなものもありません)。

まるで「あなたの敵はあなた自身」となってしまうのですから。

時系列通りに脚本を書き始めるのは、このように、自我(エゴ)の都合良くさせてしまうのと一緒です。

あなたがそれを望む時、あなたはそれを望みません

ハッピー・エンディングとは、ズバリ?

もう答えがそのまま書かれていますね?

それは《幸せ》で在ることです。

なのであなたはまず《幸せ》で在る必要があります。

そこを〈快適ゾーン〉としてしまうのです。

それで「理想の恋人に愛されてる」わけですから、その通りに愛されましょう。

……まだ相手がいませんか?

ではここも考えてみましょう。

あなたが「理想の恋人に愛されてる」時、あなたは、あなた自身をどう感じますか?

もう最高に理想の恋人ですよ?

今まで色々あったけど、出会えたことに感謝し、全てに信頼ができ、未来の不安など一切なく、最高の今をただ楽しむだけに没頭する。

そんな時あなたは、あなた自身のことも、最高に愛しています。

なので、答えは次の通り。

『あなた自身を愛しましょう』

今までは順番が逆でした。

「もしも、こんなコトがあって、あんなモノも手に入れて、それで、色んなことが満足できたら、ようやく私を愛することにしようかな……」と、時系列で理想を描いていたのですが、先の例の通り、これは99%失敗に終わります。

99%……?

ややこしいのは、ごくごくマレに「上手くいく」のです。

そして「上手くいった例」を、一部の人が語ってしまうので、それを鵜呑みにするケースが多いのです。

すると「1%の上手くいった数少ない人と、99%の上手くいかない沢山の人たち」が出来上がります。

あなたは、この例に倣っては決してなりません。

この記事で説明しているのは〈成功例〉ではなく《方法》なのですから、その方法の成功率は100%でなくてはなりません。

『幸せになりたかったら、まず幸せになる』

『愛されたかったら、まずあなたがあなた自身を愛する』

これが唯一、成功率100%の方法です。

認識を変えましょう

「そんな上手くいくわけないです、あり得ません……だって今までは――」

あなたがそう認識されるなら

「そんな上手くいくわけない」ですし「あり得ません」し「今まで通り」になります。

あなたが認識した通りの世界が広がっています。

このことに気が付くのは、実は簡単なんです。

あなたを中心に広がっている世界を、よくよく見つめてみてください。

そこには『あなたの認識した通り』の世界が広がっていませんか?

「理想の恋人が欲しい!」と思っていますか?

でしたら〈「理想の恋人が欲しい!」と思っている・思わされる世界〉が広がっていませんか?

「お金が足りない!」と思っていますか?

でしたら〈「お金が足りない!」と思っている・思わされる世界〉が広がっていませんか?

重要なポイントです

「あなたが望んだ通りの世界」ではありません。

『あなたが認識した通りの世界』です。

「え〜、そんなのあり得ない!」

〈「え〜、そんなのあり得ない!」の世界〉が、あなたに広がっています。

疑われるなら、疑うべきものが沢山見つかるはずです。

嘘だと思うなら、嘘だと思うに値する証拠が山ほど出てきます。

一度信頼してみませんか?

あなたは、これを信頼する感覚を忘れてしまっていただけです。

実は昔は当たり前に信頼していたんですね。

しかし、あなたの自我(エゴ)が形成されていくに連れ、忘れてしまったんです。

思い切って信頼してみてください。

『幸せになりたかったら、まず幸せになる』

『愛されたかったら、まずあなたがあなた自身を愛する』

「そんなの無理」なら「そんなの無理な世界」というエンディングを、あなたが作っているだけです。

捨てちゃいましょう、そんなクソ脚本は。

あなたが本当に望んでいる通り『ハッピー・エンディング』から創りましょう。

ハッピー・エンディングとは、ズバリ?
思い出そう
  1. 時系列通りに作ろうとすると、自我(エゴ)が邪魔する
  2. あなたの〈快適ゾーン〉自体を、幸せな状態に設定する
  3. 不幸せになるような「クソ脚本」は今すぐ捨てろ