気分が落ちることの対処と気付き【メンヘラ女性向け】

気付きのキッカケを見過ごさないようにしましょう

本当は「誰々向け」といったカテゴライズはないのですが、もしご自身で「私ってメンヘラだから」と考えられているのでしたら、多少記事を見つけやすくなるかもしれないので、このようなタイトルにさせてもらいました。

例え「メンヘラ」と呼ばれる人ではなくても、気分が急に落ちてしまうことは、あると思います。

そんな時にどういった対処をすれば良いのか。

そもそも「対処する気にもなれない」と考えられているかもしれませんが、それは気付きのキッカケを見過ごすだけの、もったいないことかもしれません。

何に対して「もったいないか?」ですが、もちろん、あなたが《幸せ》で在ることに対してです。

是非最後までご覧くださいませ。

気付きのキッカケを見過ごさないようにしましょう

2つの関連付けを外してしまいましょう

何故、気分が落ちると辛くなってしまうのでしょうか。

次の二点から見てみましょう。

1つ目

そもそも気分というのは、勝手に落ちるものです。

何処かでそれを「いけないこと、ダメなこと」と捉えると、急に辛くなります。

これは無意識にもそうです。

気分が上がれば良い/気分が落ちればダメ、という認識があるのです。

海の波は、寄せたり/返したりを繰り返します。

同じように、気分というのは、勝手に上がったり/落ちたりします。

それを「良いこと/悪いこと」と関連付けたり、また、コントロールしようとしたりすると、途端にそれが辛さと直結します。

ですので、まずは「気分が落ちる」と「ダメ・悪い」の関連付けを外してください。

これまであなたは「それは外せるものだ」という認識すらなかったかもしれません。

それに気が付いただけでも、外れたようなものです。

今まで壁だと思っていたところに、扉が見つかったのですから。

「ここって開くことが出来るんだ!」という発見です。

2つ目

ついでにもう一つ関連付けを外してしまいましょう。

それは「あなた」と「気分」です。

これまであなたは、あなたの気分を、あなたのものとして採用し続けていました。

気分が良くなれば、あなたも良い。

気分が悪くなれば、あなたも悪い。

当たり前のように思わるかもしれませんが、その「当たり前」に扉の鍵が隠されています。

例え気分が悪くても『私は気分』ではなく「私の気分」ですよね?

気分は単に持っているものと一緒です。

『私はバッグ』ではなく「私のバッグ」ですよね?

なので、あなたが同化していなければ、それは簡単に手放すことが可能です。

難しく考えてしまいそうでしょうが、難しく考えてしまうことだって、手放して良いんです。

〈考え〉も同様に、あなたではありません。

2つの関連付けを外してしまいましょう

ついでにもう1つ外しましょう

あなたはいつでも何かを得ようとしています。

あるいは何かを捨てようとしています。

それによって《幸せ》なれたり、なれなかったりすると考えている為です。

あなたは《幸せ》と条件を、強固に関連付けています。

「これをしたら幸せになれる(かもしれない)」

「あれをしたら幸せにはなれない(かもしれない)」

そんな風に、条件によって、幸せになったり/なれなかったりを予想しています。

この関連付けも外してしまいましょう。

つまり、そもそも関連付けには何の意味も無いと気が付くことです。

『これをしても幸せになっても良い』

『あれをしなくても幸せになっても良い』

こうすれば、あなたは無条件で《幸せ》です。

《幸せ》とはなるものではなく、在ることなんです。

Do ではなく Be です。

では、メンヘラとはどういった状態なんでしょうか?

こういった関連付けの数が多すぎたり、強すぎたりすると、その傾向になります。

何かと何かを繋ぎ合わせることがやめられない状態です。

かつ、その関連付けをしていることに、気付くことが難しい。

多くは、何かしらの〈罪悪感〉によって、隠されています。

〈罪悪感〉の保持によって、気が付くことが難しいと、それもまた関連付けている為です。

あくまで例えです

今日は出掛けなくちゃいけない→外を見たら雨が降っているのに気が付いた→だから傘を差さなくちゃいけない→傘が見つからない→このまま外に出てると濡れてしまう→だから今日は出掛けられない……

一見普通の流れに見えますが、これもまた関連付けによって行われています。

逆に考えてみましょう。

関連付けしない場合はどうなるか。

今日は出掛けなくちゃいけない→出掛ける

で完了です。

「じゃ雨は?」

あなたが外に出るタイミングで止みました。

雨が降ってるから出掛けられないではなく、出掛けるから雨が止むのです。

そこには信頼が必要ですが……その信頼すること自体を、あなたがこれまで作ってきた「関連付けコレクション」によって難しくさせています。

コレクションが多いと、雨が降り止むまでに、少しタイムラグがあるように見えます。

「ほら、やっぱり雨は止まない!」と、また部屋に戻ってしまう。

思い切って信頼して飛び出すか、それでも時間がかかるなら、多少濡れたって、途中で傘を買ったって良いし、たまたま傘が落ちているかもしれません。

先に述べた通り、この天気の話はあくまで例えですが、あなたが関連付けを止められず、気分が落ちる度に、同じようにあなたも落ちてしまうのは、これが繰り返されているからです。

《幸せ》と何かを関連付けさせないでください。

それは『関連付けしてたとしても、幸せで在ってOK』という、大胆な認識にシフトすることです。

ついでにもう1つ外しましょう
思い出そう
  1. 気分が落ちるのは気付きのキッカケだと捉える
  2. 気分と何かを関連付けするのはやめる
  3. 何があっても/なくても、あなたは幸せで在ってOK