幸せになりたいなら、まず幸せで在れ【引き寄せの法則】

引き寄せの法則のシンプルさと陥りやすい罠

「私は幸せになりたい」と強く願っても、幸せになれることは、ほぼありません。

いや、あなたが本当に「私は幸せになりたい」と願うなら、その方法では100%叶わないと、ちゃんと割り切った方が、むしろ正しい一歩目ですらあります。

〈引き寄せの法則〉〈Doing / Being〉という観点から、お伝えさせて頂きます。

引き寄せの法則は、求めたものが「超シンプル」に引き寄せられて、現れます

「私は幸せになりたい」のであれば〈幸せになりたい私〉が引き寄せられています。

〈幸せになりたい私〉とは、どのような私でしょうか?

ズバリ「幸せではない状態」ですね。

そのまま引き寄せられて、一瞬で叶っています。

超シンプルです。

さて、シンプルが故に、この後に次の罠にハマる方が多いのです。

「じゃ、私は幸せだ、と思い込もう!」と。

本当は幸せなど感じられていないのに「私は幸せだ」と繰り返し呪文のように、自分自身を洗脳させるような流れにはまり込むケースです。非常に厄介なのは、稀にこの方法でも、上手くいってしまう人がいること。その人はそれで良いのですが、後からそういった人のやり方を真似するのはオススメできません(負のスパイラルにハマる可能性の方が高いです)。

引き寄せの法則のシンプルさと陥りやすい罠

もう既に Being で在る

「何かをしなくちゃいけない」と思考するのは、全て Doing です。

多くの方の日常にある「私」です。

「幸せになりたい」も Doing です。

「幸せだと思いこむ」のも Doing です。

Doing の働きでは、あなたが本当に望むことは得られないと諦めてください。

諦めなくても良いかもしれませんが、諦めてしまった方が、結果うまく行きます。

あなたは〈幸せになりたい私〉になりたいわけではないのです。

《幸せで在る私》になりたいのです。

ここに気が付きましょう

永遠に離れていくゴールテープを追いかけ続けたいわけではなく、ゴールした状態で在りたいのです。

在る、というのは Being です。

それは既に達成されていて、求める必要がなくなります。

ゴールテープを切ったら「ゴールしたい」という欲求はなく、ただゴールした歓びを享受するのみです。

間違えないでください。

Being になるわけではありません。

もう既に Being で在るのです。

追いかけるのをやめましょう。

引き寄せの法則のシンプルさと陥りやすい罠

Don’t Think, Feel.

思い込むことではありません。

思い込むのは Doing です。

そもそも「ゴールした」のであれば「ゴールしたと思い込む必要性」は全くありません。

ただ在ってください。

忘れてしまいましたか?

思い出しましょう。

あなたは Being なので、あなたがかつて望んでいた物事(Doing)は、全て引き寄せられ終えています。

引き寄せの方法(Method)ではありません。引き寄せの法則(Law)です

《幸せで在る私》なら、そこから何か方法や手段を講じる必要はありません。考えることは Doing です。考えてもわかりませんので、潔く諦めてください。

わかろうとしないでください。無理です。絶対にわかりません。

Don’t Think. Feel.

考えながら、感じることはできません。

逆に、感じているなら、考えることは自然と無くなります。

青空を欲しがって、雨雲を消そうとしないでください。

雨雲はすでに、青空に囲まれています。

Don't Think, Feel.
思い出そう
  1. 混乱した時はシンプルさに立ち返ること
  2. なろうとすれば叶わない、在れば既に叶っている
  3. 考えてわかろうとするのは諦める