今すぐ実践すべき『笑う門には福来る』

諺『笑う門には福来る』とは引き寄せの法則です

古くから伝わる諺(ことわざ)には真理のエッセンスが詰まっています。真理のエッセンスが詰まっているからこそ『ことわざ』として成り立っている、という見方もできます。

真理というと大げさに見えるかもしれませんが、一度気が付いてしまえば、こんなにシンプルなものはありません。むしろ「シンプル過ぎて気が付けない」に近いのです。

『笑う門には福来る』

これは「笑う」から「幸福」がやって来るんだよ、です。

「幸福」が来てから「笑おう」じゃないのです。

言わば『引き寄せの法則』ですね。

こんなにシンプルなのに、何故実践できないことがあるのでしょうか。また「シンプル過ぎて気が付けない」とはどういうことなのか。今回はその点を見てみましょう。

諺『笑う門には福来る』とは引き寄せの法則です

何故「幸福」が来てから「笑おう」とするのか

世の中の多くの人は〈現実〉とは「自分の周りに映し出されているもの」を指しています。

そして、現実がAなら、Aに対応した思考や感情になる。現実がBなら、Bに対応した思考や感情になる、と、現実に自分を合わせるのが一般的です。

しかし一般的とは、時に真理とはかけ離れている場合があります。

諺(ことわざ)をふり返りましょう。

『笑う門には福来る』

Aの思考や感情になれば、現実もAが来る(引き寄せられる)と、諺は教えてくれています。

では何故こんなシンプルなことの実践が難しいのでしょうか。

それは「大きな世界の中に小さな私が居る」という認識がなされている為です。その認識が、もはや変えがたい固定概念と化しているので、疑うことすら難しい状態。

「私が笑ってもべつにすぐに良いことがあるわけでも、あったわけでもないし」

こうやって、さらに私を小さく、そしてさらに世界を〈私には変えられない関係のない大きなもの〉と認識することで、自ら難しい状況を創り上げ続けています。

見る角度を変えれば、本来望んでいるものとは真反対の『悲しい門には不幸来る』を実践し適応し続けている状態です。シンプルな真理は変わらないのに、適応するものを間違えている為、気が付いていないし、気が付けない〈負のスパイラル〉に陥っています。

シンプルなものを、シンプルに適応している。
但し「望みとは逆に」です。

何故「幸福」が来てから「笑おう」とするのか

罠になるのは〈時間〉という概念

「はい、笑いましたよ。じゃ、福はいつ来るの?」

もしこのように、あなたが〈時間〉という概念を採用すると、望んだ状態になるのは難しくなります。100%ないわけではないのですが、多くの場合、望んだ結果は得られません。

ここを思い切ってシフトする必要があります。

つまり『時間というものは存在しない』と認識を変えてしまいましょう。

「ないなんてあり得ない!」と思われたあなたに質問をさせてください。

あなたが〈今〉居るのは5分前ですか? それとも5分後ですか?
あなたが〈今〉以外に居たことは、これまでただの一度も無かったのではないでしょうか?
そしてこれからも、あなたが〈今〉以外に居ることは、あり得ないのではないでしょうか?

昨日のことを思い出すことはできます。
しかしそれも〈今〉思い出しているに過ぎません。

明日のことを想像することはできます。
しかしそれも〈今〉想像しているに過ぎません。

『笑う門には福来る』

これについてシンプルに実践できないのであれば、次の二点を覚えておくと役立ちます。

1つ目。

「大きな世界の中に小さな私が居る」のではありません。
『大きな私の中に小さな世界がある』のです。

2つ目。

時間という概念を疑ってみてください。
見抜くことが難しい場合には「今以外にいること」を潔く諦めてください。
永遠に〈今〉しかありません。

これまで常識として疑わなかったことを見つめ直すのは、慣れないこともあると思います。

こうも考えてみましょう。

何故に、諺として、時代を越え受け継がれていくのか?

それは単に慰めの言葉ではなく、シンプルな真理のエッセンスが詰まっているからです。
ここを思い切って信頼してみましょう。

良薬口に苦し、慣れないのは最初だけ。
あなたの認識が変われば、世界のありのままの姿を観ることができます。

世界も、あなたに、シンプルに観てもらいたがっています。

笑いましょ、今ここで。

何故「幸福」が来てから「笑おう」とするのか
思い出そう
  1. 諺(ことわざ)には、真理のエッセンスが詰まっている
  2. こねくり回さずに、シンプルに実践すること
  3. 本当のあなたは世界よりも大きいし、時間なんてものは存在しない