性犯罪の被害者にならない為の心の在り方

大きな私の中にある小さな世界

まずはじめに、これは被害者にならない為の方法 (Doing) ではなく、在り方 (Being) です。

人は往々にして Doing で色々なことに迷ってしまいがちですが、不安や悩みなどは Being の観点からが根本的に見るのが、最もスムーズにクリアできます。

今後、性犯罪の被害者にならない為にも、常日頃から、この立ち位置を意識してみてください。

理解すべき重要なことはなんでしょうか?

大きな世界の中に、小さな私が居るのではありません。
大きな私の中に、小さな世界があるだけです。

慣れないうちは「そういう考え方もあるんだな」くらいに思ってみてください。

それだけでも、様々なことが繋がって理解ができるかもしれません。普段の自分の認識は、インサイド・アウト (Inside Out) なんだと、もしかしたら逆に考えているかもしれないと、そう片隅に置いておいてください。

あなたのタイミングで腑に落ちる瞬間が必ず来ます。

大きな私の中にある小さな世界

安全な場所を探すのではなく、自分の内側に在るだと気付く

『私の中に世界があるんだ』と、物事の捉え方がシフトするにつれ、自然と養われるものがあります。

それは直感・直観です。

大きな世界を小さな私で捉えようとすると、過去のデータを参照にし「様々なものを新たに得なくてはいけない、私はまだ足りないんだ」と、不足感が延々と続いてしまいがちです。

『私の中に世界があるんだ』と、大きな私の中に、小さな世界があると捉えられると『今のありのままの私が完璧なんだ』とスッと入ってくる瞬間があります。

すると、これまでは「危ないものは避ける」という認識だったのが『自分の内側のどんなことを、危ないものとして外側に映しているのだろう』と、内側に意識が向く認識に変化します。

内側は、過去のデータを参照にすることはできません。
その瞬間毎に、感覚に委ねる必要があり、直感・直観が使われます。

自分の内側に対して、直感・直観が使われるので、当然、外側にも反映されます

これまでは、トラブルを避けるという外側へのアプローチだったのが、内側に意識が向くことで、トラブルの方が自分を避けてくれたり、トラブルとして映らなかったり、トラブル自体が消え去ったりします。

徐々にシフトする人も、一気にシフトする方も居ますが、ここに優劣はありません。人それぞれのペースでも『安全は得るものではなく、自分の内側の中心に在るんだ』と理解が出来ると、外側も安全になるのは自然の流れです。

外側を探すのではなく、自分の内側の中心を感じてみてください。

安全な場所を探すのではなく、自分の内側に在るだと気付く

あなたの在り方は、あなただけの在り方です

注意してください。

「内側に安全を感じたら、外側で何やってても絶対大丈夫!」ということではありません。

流れの例を1つ挙げると……

自分の普段の認識は反対、インサイド・アウト (Inside Out) だと気付く。

外側は自分の内側を映し出したものだと、捉えてみる。

自分の内側を意識し始める。

内側を意識するのに、直感・直観が使われる。

自分に元々ある直感・直観のチカラが取り戻る。

考えることより、感じることに意識が置かれる。

ありのままの自分を受け入れられるようになる。

自分の中心が安全だと気付く(ありのままの自分で良いと気付く)。

シフトが起こる(変わらなくて良いと気付くことが、もっとも自然な変容になる)。

日常でも Being の意識で過ごせる。

……このような感じです。

但し、これも一例に過ぎません

人によって順番が前後したり、そもそもすっ飛ばしってしまうこともあります。

なので、あなたがピンときた部分から意識し始めてみるのが良いでしょう。

内側を意識することから始めても、ありのままの自分を受け入れることから始めても、最初から Being を思い切って信頼してしまっても大丈夫です。

何処から始めても、シフトを決めたあなたに対して「被害」を与えることは不可能になります。

未知に踏み出すのは、多少勇気が必要ですが、是非軽い気持ちで『在り方』を意識してみてください。

あなたの在り方は、あなただけの在り方です
思い出そう
  1. やり方(方法)ではなく、在り方を意識する
  2. 安全を探すのではなく、自分の中心に感じてみる
  3. シフトすると決めたあなたに、被害を与えられる物事は無い