パワーはいつでもあなたが持っていることを忘れないでください

あなたには一瞬にして全てを叶えるパワーがあります

インターネットに繋がると、様々な情報を得ることができます。

時事的にも沢山の情報が溢れかえり、それに対して情報を発信している沢山の方々も居て、あなたにも取捨選択を迫られる場面が増えているかもしれません。

そこで「正しさ」を探そうとしたり、見定めようとすると、かえって望まない結果を招くことがあります。

状況や他人の判断にただ従うことは、本来あなたが持つパワーを、明け渡してしまうことに等しいからです。

パワーはいつでもあなたが持っていることを、決して忘れないでください

あなたが「この情報は信じられないな」と定めると、一瞬にして〈信じられない情報を創り出す〉ことを叶えています。逆に「この情報は有益だ」と定めると、それもまた一瞬にして〈有益な情報を作り出す〉ことを叶えています。

つまりは、何を信じなくても、何を信じても『私にパワーがある』と知っていれば、自然と間違わないのです。

冗談のように思われるかもしれませんが、であれば、あなたがパワーを使って〈冗談のようなものを創り出す〉ことを叶えています。これもまた一瞬にして。

あなたには一瞬にして全てを叶えるパワーがあります

「大丈夫」と思い込むことではありません

『私にパワーがある』と知ることは「嫌なことが起こらない」ことではありません。

嫌なことが起こった時に、無理やり「大丈夫」と思い込むことでもありません。

嫌なことが起こったのなら、視点を反転し「嫌だと思っている自分」に気が付いてみてください。

そこにどんな思考や感情があって、それは誰が感じているのか。

日常で「私が、私だと思っている私」は〈Doing〉で、それはエゴや自我です。

Doing の声に振り回されないでください。

声が「何処から起こっているのか」を、観察してみてください。

あなたを包む《Being》を意識してみましょう。

それこそが、本来のあなたです。

いつでも「大丈夫」だと、ただ知ること。

それが『本来の自分』を取り戻すことです。

「大丈夫」と思い込むことではありません

考えるよりも感じてみてください

考えること〈Thinking〉は役立つように見えますが、物事の整合性を取ろうとするこの働きが、逆に『本来の自分』を見つけにくくさせます。

(全てではありませんが)Thinking は「自分にはパワーがないので――」が起点となる場合が多く、考えれば考えるほど、パワーを他に明け渡す働きに代わってしまうことがあります。

感じること《Feeling》に委ねてください。

『私にパワーがある』のを感じてみましょう。

信じられませんか?

であれば、あなたはパワーを使って〈信じられない自分〉を一瞬にして創り出しているのです。

なんと素晴らしいパワーでしょうか。

しかしそれ故に『私にパワーがある』のが隠れてしまうのです。

このパラドックスに気が付いてください。

考えるよりも感じてみてください
思い出そう
  1. あなたは常にパワーがある
  2. そのパワーを使って「自分にはパワーがない」ことにしている
  3. 考えなくていい、ただ今ここにあるのを感じる