死にたい自殺したい気持ちとの向き合い方

日常の無意識な自分は EGO です

やがて確実に訪れる〈肉体の死〉を待てずに、その気持ちを抑えられない時。

その思考や感情と、どのように向き合えば良いのでしょうか。

本当に「死んだほうが楽」なのが、事実なのでしょうか。

事情は人の数だけありますので〈共通の対処〉で示すことは困難です。

EGO(自我)といった点で見てみましょう

「死んだほうが楽」という思いから離れられない場合。

あなたは、自分のことを「EGO そのものだ」と捉えている傾向があります。

EGO とは〈思考の全て〉と捉えてしまって構いません。

「死にたい」という思いに限らず、あらゆる思考は EGO です。

日常を無意識に過ごすと、殆ど EGO と同化しています。

  • 思っていること = 自分
  • 考えていること = 自分

このようになっている場合の〈無意識な自分〉が、まるごと EGO です。

日常の無意識な自分は EGO です

EGO の特性を理解してみましょう

EGO は様々な欲求に溢れています。

実は「死にたい」と思うのも欲求の1つです。

そして、欲求は必ず〈対〉になっています。

〈死にたいという欲求〉の対には〈安全欲求〉があり、それは表裏一体です。

安全欲求とは「安心したい、生存したい」という思考。

〈対〉は天秤のようにバランスを取ろうとするので「今すぐにでも死にたい自殺したい」の反対側には、同じように「今すぐにでも苦悩を解決して安心したい」という強い欲求が存在するのです。

〈◯◯したい〉という思考は、ほぼ全て EGO です

良い/悪いではありません。

ただの特性であって、それ以上でも、それ以下でもありません。

ですので「死にたい」とか「安心したい」という欲求があっても、それは EGO の特性によるところであって、あなたが悪いわけではありません。

EGO からしてみれば〈◯◯したい〉が維持されるだけで、EGO 自身が存続されるので、目的が達成されるのです。

これは重要なポイントです。

  • 「死が達成されること」や「安心が達成されること」が EGO の目的ではありません
  • 「死にたいと思うこと」や「安心したいと考えること」自体が EGO の目的です

なので「達成されるか否か」は EGO にとって全く重要ではないのです。

たちが悪いですが、これが EGO の特性です。

EGO の特性を理解してみましょう

EGO は本来の自分ではありません

〈普段の無意識な自分〉が EGO なら、逆に《そうではない自分》というのは居るのでしょうか?

もちろん居ます。

それこそが『本来の自分』です。

  • 「死にたい」← EGO です。本来の自分ではありません
  • 「自殺したい」← EGO です。本来の自分ではありません

先に述べた通り「◯◯したい」は全て EGO です。
本来の自分ではありません。

『本来の自分』は「◯◯したい」という思考ではありません

「◯◯したい」と思考する自分……に気付いている自分が居ませんか?

「そんなの見つからない」と思う自分……に『気付いている自分』が居ませんか?

「さっぱりわからない」と考える自分……に『気付いている自分』が居ませんか?

特別なものではありません

当たり前のもので、当たり前過ぎて、見逃してしまっているのです。

気付いている自分に、気付いてみましょう。
意識を、意識してみましょう。

そこには、何かが確実に存在していないでしょうか。

あるいは EGO が遮って、気が付きにくくしているかもしれません

「死んだほうが楽」と EGO が囁いているのかもしれませんが、ただそれだけです。

その囁きが成されることで、EGO は目的達成しています。

放っておきましょう。

放っておけない場合は、距離を置いて見てみましょう。

この記事を『死にたい自殺したい気持ちとの向き合い方』と題しました。

気持ちと『向き合っている』のは、果たして誰でしょうか?

死にたい自殺したい気持ち = 思考 = EGO

それと『向き合っている』のは……?

EGO は本来の自分ではありません
思い出そう
  1. EGO を無くそうとなどとはしないこと
  2. EGO を無くそうとするのも EGO になる
  3. ただ「そういうものなんだ」と放っておくか、距離を置いて見る