風俗嬢が「コロナ騒動」自粛期間中に準備しておくべきこと


コロナ以前には戻らないことを受け入れましょう

風俗で働く女性の99%以上の女性が、今回のコロナ騒動が、このような大規模な自粛に至るまでの事態になることを予測できていなかっただろうと思います。

本当に極々一部の方のみ、かなり早い段階で、時代の移り変わりを察知し、騒動に広がる前に、上手くシフトできました。

「人と接すること」そのものが仕事である風俗嬢の方にとっては、今回の出来事はどう映っているでしょうか。

もうお気付きかと思いますが「コロナ以前」の世界に戻ることはありません。

それは「風俗」や「水商売」の一切が無くなるといった意味ではありません。

「コロナ騒動」が収まったとしても、世界の在り方がまるで変容しています。

一部では「アフター・コロナ」という言い方をしていますが、まさにその通りです。

何か対策や方法を考えるのではなく「在り方」そのものを見直す必要があります。

コロナ以前には戻らないことを受け入れましょう

収入源を複数持てるように準備していきましょう

現実的な観点からの対策も大事です。

これは風俗だけでなく、数年前からあらゆる分野で言われ始めたことですが「自分の収入源を複数持つこと」が非常に大切になります。

「風俗での収入が一番の頼り」といった状態が、どれだけリスクになるのか、今回のコロナ騒動から身に沁みた方も非常に多いのではないでしょうか。

「どれかが無くなっても大丈夫」といった状態が理想ではありますが、すぐにそれを構築出来る方も少ないです。

まずはこの自粛期間中に「在り方」を見つめ直し「どうやって他の収入源を確立するか」を見つけてみてください。

収入源を複数持てるように準備していきましょう

瞑想によって『本来の自分』に気が付いてみましょう

収入源を作る「方法を探す」ことではありません。

そういった「Doing」は上手くいかない時代になっていきます。

大切なのは『本来の自分』という在り方、つまり『Being』です。

風俗で働くのが悪いわけではありません。

もし自分の在り方を見つめ直した時に「自分の役割は何だろう」「本当に心からやりたいことは」と、真摯に自分自身と対話すること、そこから『本来の自分』に気が付くことが、大切です。

もしも不安があるのなら、その思考から離れてください

離れることは、無視することではありません。

むしろ「観察すること」です。

思考に任せてばかりだと、不安が止むことはありません。

止まない不安なら、それを「観察」してみましょう。

それには瞑想が役立ちます。

本来の自分』に気が付く為にも、この「コロナ騒動」自粛期間中に瞑想を習得しましょう。

瞑想によって『本来の自分』に気が付いてみましょう
思い出そう
  1. 時代の移り変わりを受け入れること
  2. コロナ以前のように生きることは 不安を増幅させる
  3. 瞑想は『本来の自分』への気付きに役立つ