在宅ワークの機会に「瞑想・マインドフルネス」を習得しましょう


在宅ワークで突き付けられた「作業効率」

コロナ騒動を機に、在宅ワークの時間が増えた方も多いかと思います。

それまで時間や仕事の管理を会社任せにしていた状態から、自分が判断しなくてはいけない形態にシフトを余儀なくされ、時間の使い方に戸惑う方もいらっしゃいます。

本当の意味で「効率」を見直したかもしれません。

ただ単に時間だけを費やすのでは、成果が上がらないことを目の当たりにして、初めて「見直す」に至った方も、少なくないのではないでしょうか。

在宅ワークで突き付けられた「作業効率」

効率重視だからこそ「何もしない」を意図して創る

「何かしらの作業を進めなくてはいけない」からこそ、意図して「何もしない」時間を設けましょう。

それはつまり「瞑想」「マインドフルネス」です。

一見遠回りにも見えるこの時間が、時間の使い方を最大限に効率化させます。

作業で大切なのは「成果」です。

どれだけ時間を費やしたかは、関係がありません。

短い時間で、最大限の成果を出す為にも、あえて「何もしない」時間が大切になります。

是非「瞑想」「マインドフルネス」を体験してみてください。

世の成功者の方々が取り組む理由が、一瞬にして腑に落ちるだろうと思います。

効率重視だからこそ「何もしない」を意図して創る

パワーやインスピレーションにも瞑想を

例えそれが「単純作業」に当たるようなものでも、本来の自分のパワーを最大化することは大切です。

アイディアが必要になる作業なら、尚更に役立ちます。

インスピレーションを下ろすのは瞑想・マインドフルネスの最も得意なところかもしれません。

コロナ騒動が「良い機会だった」と思えるようにするには、これを機に、新たなものを取り入れるのが好ましいです。

是非とも瞑想・マインドフルネスをオススメしたいと思います。

あなたがもし「それだ」と決めれば、適切なタイミングで、適切な機会が与えられます。

瞑想を習得する流れも、瞑想そのものです。

是非そこから楽しんでください。

パワーやインスピレーションにも瞑想を
思い出そう
  1. コロナ騒動で失ったと見えるものばかりを意識しない
  2. コロナ騒動があったからこそ得られるものを意識する
  3. その意識に気が付くことが、この騒動の役割