風俗で働きながら「ありのままの自分」を受け入れること

受け入れられなければ「その現実」が延々と続く仕組み

よく「ありのままの自分を受け入れましょう」というフレーズがありますが、それが何の為かご存知でしょうか?

答えはシンプル。

『幸せである』には、ありのままの自分を受け入れることが必要です。

受け入れず、幸せになることは原理原則上「不可能」なのです。

『ありのままの自分』とは「あなたが考えるありのままの自分」ではありません

今この瞬間、あなたの身の回りにある、問題も不満も不安も、あらゆるネガティブな要因も全て含めて、ありのままの自分です。

受け入れがたいですよね?

よくわかります。

大抵「いつか解決したらその時に」受け入れようと考えていますが、そのスタンスでは永遠に無理です。断言しますが、それでは幸せになれません。

受け入れられなければ「その現実」が延々と続く仕組み

受け入れられない自分をも受け入れてみましょう

もしあなたが風俗で働くことは「不本意だった」と考えていたり「今でも罪悪感や後悔がある」と思いながら過ごしていたとしても、それも丸ごと受け入れてみてください。

受け入れられませんか?

そんな「受け入れられない自分」をも受け入れてみましょう

それも受け入れられませんか?

その自分も含めて、最後に丸ごと包み込むように受け入れてみましょう。

「何のために、そんな苦しいことをしなくちゃいけないのか?」

そう思われるかもしれません。

次が最大のポイントです。

受け入れられない自分をも受け入れてみましょう

ありのままの自分を受け入れると、ありのままの自分で過ごせる現実が現れます

これが本質『Being』の視点から見た、紛れもない真実です。

あなたの認識は「逆」でした。

あなたは「いつかそんな現実が現れたら」自分を受け入れようとしてましたが、これは原理原則上「無理」なのです。

まずは試しに、今日一日、一切自分を責めずに過ごしてみてください。

もし責めてしまっても、責めてしまった自分を許してあげてください。

ありのままの自分を受け入れてみてください。

現実が変わるのを目の当たりにしますよ。

ありのままの自分を受け入れると、ありのままの自分で過ごせる現実が現れます
思い出そう
  1. 自分を今を否定すれば「否定したくなる現実」を生み出す
  2. 自分を今を認めれば「認めたくなる現実」を生み出す
  3. その「起点」が「そのまま終点」になっているのに気が付くこと