中学生・高校生時期にメンタルを病んでしまった方へ

始めから性風俗の選択しか選び得なかったケース

18歳から性風俗で働く女性の背景にあるのは「お金」もそうですが「人生」という部分が大きいかもしれません。

学生時期の家族関係、友人関係、異性関係の影響から(人生の本質を知る前の段階で既に)人生について悩んでしまう傾向があります。

自分の人生がよくわからないのに、自身の肉体には市場価値があるので、それを「お金に換算できる誘惑」は非常に強く、性風俗で働くことのハードルは比較的低い状態かもしれません。

もちろん、それが悪いわけでもありませんし、罪悪感を持つ必要もありません。

ただあまりに「人生」の『本質』に気が付くヒントが少ない状態での選択であることは、頭の片隅に置いても良いかもしれません。

始めから性風俗の選択しか選び得なかったケース

思考の幻想を見抜けるかどうか

中学生や高校生の時期にメンタルを病み、所謂「メンヘラ」と呼ばれる女性も多く居ますが、そういった方がインターネットを駆使しても「人生のヒント」に辿り着くのは、非常に難しい傾向にあります。

ネット上には無数の情報が溢れていますが、根本的に『自分の意識していないものは見えない』のが原理原則です。

病みを解決するものではなく、病みを助長させるものばかりが見つかるのは『自分の内側が、外側の現実として、映し出されている』という本質によるところ。

それでも、見えるものを見て、よく観察し、発見しなくてはいけません。

つまり「死にたい」という表層的な〈思考〉ではなく『死そのもの』に向き合うことが『本質』の発見の鍵になります。

思考の幻想を見抜けるかどうか

答えは外側にはありません

外側に見えるものは、あくまで「ヒント」に過ぎません。

だから時に外側で「自分の心情を表したようなもの」に触れると、内側の魂が震えるような感じがするのです。

やがてそれが経験となり、発見した時の感動にも繋がります。

答えは外側にはありません
思い出そう
  1. たとえどんな自分であっても、自己否定や自己卑下の必要はない
  2. 思考を使うと、必ず自己否定や自己卑下が繰り返されるようになる
  3. 答えは外側に存在しない。いつでも自分の内側に