真のスローセックスにはマインドフルネスが必須です

大切なのはテクニック(だけ)ではない

風俗で働く女性の方は、一定の時間内で、一定の成果を出す為に、テクニカルな要素が大変重要になります。

但し、日頃からテクニックに走りすぎてしまうと、メンタリティやスピリチュアリティが疎かになり、パートナーと「いざ!」という時に、後悔が伴う結果を招きます。

本当に大切なパートナーと、本当に深い部分に辿り着くには『マインドフルネス』がキーになるのです。

大切なのはテクニック(だけ)ではない

形だけのスローセックスでは、お互いが真に満たされることはありません

『マインドフルネス』を疎かにした行為は、表層的な満足があっても、真の意味での「一体感」からは離れてしまいます(しかもあなたは、そのことに気が付けません)。

単純に時間をかけて丁寧に行為をするのを「スローセックス」だと勘違いすると、高い確率で相手への不満ばかりが目に付き、パートナーシップは崩壊するでしょう。

『汝自身を知る』

『マインドフルネス』を通じて、このことを理解しなくてはなりません。

形だけのスローセックスでは、お互いが真に満たされることはありません

やり方(Doing)ではなく、在り方(Being)が鍵です

多くの人は、何かが上手く行えなかったり、上手く行えない何かがあると、やり方(Doing)を改善しようと試みますが、これは本質から見ると「高い確率で失敗する方法」に当てはまります。

大切なのは、在り方(Being)です。

それは決して、やり方(Doing)がいけないという話ではありません。

在り方(Being)に気が付いていれば、あなたはどんなやり方(Doing)を用いても、失敗はあり得なくなります。

もう、お気付きになりましたか?

スローセックスとは、やり方(Doing)ではなく、在り方(Being)なのです。

是非『マインドフルネス』を通じて、体感してみてください。

やり方(Doing)ではなく、在り方(Being)が鍵です
思い出そう
  1. やり方(Doing)に囚われるのことは負のスパイラルの入り口
  2. 在り方(Being)を気が付き続けること
  3. それは「ありのままの自分」を受け入れること