メンヘラは「自分の選択」と認めれば「再選択」が可能になります

外側のせいにする限り、内側から解決に至れません

メンタルを病んでいる状態である「メンヘラ」ですが、これはすぐに脱することができます。

多くの場合、自ら進んで「その状態に留まりたい」という選択をしているので、それについては何も問題はありません。

問題は「好きでこうなったわけじゃない」とか「◯◯のせいで私がこうなった」等、何かしらの因果関係を創り出しているケースです。

つまり「自分の選択」だと認められない為に「再選択」が出来ません。

厳しい意見に見えるかもしれませんが、これは本質の視点になります。

外側のせいにする限り、内側から解決に至れません

いつか受け入れるのではなく、まず最初に受け入れることが大切です

現状を「何かのせい」にする限り、あなたは他人軸で生き続けることになります。

最もな理由や背景が見つかるでしょうが、それらは幻想に過ぎません。

何故なら『自分の内側が、外側の現実として、映し出されている』ので、映し出された外側に合わせて行動していくと、負のスパイラルに巻き込まれるのは必然とも言えます。

化粧を直す際、鏡に手を突っ込んだら、突き指してしまいますよね?

それと同じです。

いつか受け入れるのではなく、まず最初に受け入れることが大切です

自分軸で生きると、決断する必要があります

全ては自分の選択だと受け入れて初めて、あなたは自由に生きられます。

つまり『自分軸で生きる』こと。

メンヘラを脱したければ、それが自分の選択であったと受け入れましょう

それは「自分のせいだ」と自己卑下や自己否定することではありません。

「ありのままの自分で良いのだ」と、自分の完璧さを認めることです。

自分軸で生きると、決断する必要があります
思い出そう
  1. 自身の選択を受け入れる
  2. それは自己否定や自己卑下ではない
  3. ありのままの自分が完璧だと認めること