お酒のボトルを持つ際に意識していることはありますか?

気が付かないことは時にもったいない

キャバクラガールズバーでは、比較的年齢の若い女性が働くことも多い為か、お酒のボトルの持ち方が「人それぞれ」になってしまっているケースが見受けられます。

細かい所まで指導をしているお店もありますが「そもそも、そこまで求められていない」といったスタイルのお店が多いのも事実です。

これは、あらゆる意味で「もったいない」でしょう。

気が付かないことは時にもったいない

あなたが満足にお金を稼げない理由が、そこに現れています

あなたが、お金に対して「不足感」を感じているのであれば、あなたは「自分」と「お金」というものを〈分離〉した認識を持っています。

「自分とお金が別なのは当たり前でしょ?」

そんな風に見えるのが当たり前だと考えていますが、実は〈分離〉の方が「正常ではない認識」になります。

全てのものは〈一体〉だと認識しているのが、本来の在り方

つまり本来は、あなたとボトルも、あなたとお金も、一つの同じものなのです。

これは頭で考えてもわからないので、考える(Thinking)よりも、感じてみて(Feeling)ください。

あなたが満足にお金を稼げない理由が、そこに現れています

一体を認識した時、あなたはこれ以上「得る」必要がなくなります

お酒のボトルを持つ時の所作が丁寧で心地良くあるならば、あなたは「自分自身」に対しても丁寧で心地良くあれます。

あなたが「自分自身」に心地良くあるならば、現実世界はあなたに心地良く接してくれます。

何故なら『自分の内側が、外側の現実として、映し出される』ので、何か一つの取っ掛かりで、自分自身を満たしてあげられれば、あなたの現実世界は満たされるのは、当然のことです。

お金も同様です

自分とお金を分離せずに『一つのものだ』と認識で接することが成されるなら、あなたはお金を「得る」必要がなくなります。

言い換えれば「お金に不足感を持たずに」生きていくことができますし、それは『必要にして十分なほどのお金に満たされる』ことでもあります。

あなたがキャバクラやガールズバーで仕事(またはアルバイト)をするのは「お金のため」だとするなら、より本質的にお金を知る必要がありますし、それは〈一体〉の認識を持つこととも通ずるのです。

一体を認識した時、あなたはこれ以上「得る」必要がなくなります
思い出そう
  1. お金の為に選んだ職種なら、尚更『本質』を知るべき
  2. 本質は、お金を稼ぐ以上の「豊かさ」をあなたにもたらす
  3. その中にはもちろん「お金」も含まれる