お金は「豊かさ」の中に含まれています

お金を欲する世界を創り出しているのは誰?

あなたは「お金」が欲しいと思いますか?

十中八九、あなたの答えは「Yes!」だと思います。

その場合のさらに十中八九、あなたは「お金に対しての不足感」を感じています。

言い方を変えれば、あなたはそれだけ「自分にはお金が足りないと思われる世界」を創り出しているとも言えるのです。

お金を欲する世界を創り出しているのは誰?

不足感からの「欲しい」は永遠に満たされることはありません

何かを欲しがることが悪いわけではありません。

それが「純粋でシンプルな選択」である場合、そこに不足感はないのですが、殆どの場合そうではないのです。

不足感から来る欲望・願望は、残念ながら永遠に満たされません。

まずは、自分自身を掘り下げてみてください

「何故、私はお金が欲しいのだろう?」

これをとことん突き詰めたことはありますか?

「お金はないより、あったほうが良いじゃん!」程度で止まっているのであれば、逆にチャンスです。

あなたは自分を知っていくこと、不足感の正体を見破ることで、あなたが本当に求めていた「豊かさ」に気が付けるようになります。

不足感からの「欲しい」は永遠に満たされることはありません

あなたが「豊か」であるなら、お金はそれを表す形として現れます

お金があるから、豊かになるんじゃないんですね。

豊かになるから、お金が(あるという現実が)現れるのです。

この本質に気が付きましょう

あなたは「お金」が欲しいと思いますか?

「Yes!」であれば、まず「豊か」になってください。

それが、あなたに望むだけのお金がある現実を創り出すのに、最も効率的です。

あなたが「豊か」であるなら、お金はそれを表す形として現れます
思い出そう
  1. お金を稼いだら豊かになるのではない
  2. 豊かであるから、お金が流れ込んでくる
  3. まずは今ある豊かさから気が付いてみよう