現実を見て決めるのではなく「先に決めちゃう」のがコツ

延々と続く負のスパイラル

何か判断を躊躇したり、迷ってしまう時に「もうちょっと条件が整ってからの方が良いかもしれない」と、ちゃんと現実を見て決めるのは常識的かもしれませんが、これは〈最もあなたが望まない結果を出す為の方法〉に沿ってしまっています。

何故なら現実というのは「あなたの心が投影されているもの」だからです。

多くの人は「ネガティブな心でネガティブな現実を創り出し、それを見てまたネガティブな心になり……」という負のスパイラルを繰り返しています。

これを何処かで断ち切らなくてはいけません。

延々と続く負のスパイラル

投影された現実は「過去」でしかありません

今現在、あなたの目の前にある現実というは、言わば「過去」です。

あなたの心が映し出したものに過ぎません。

今ここで、あなたの心がポジティブで在り、あなたが決断を下すのであれば、現実はその後を追うように、あなたに『ポジティブな現実』を見せてくれます。

これは原理原則であり、あなたがそれを信じまいが、無視しようが「常に適用され続けている」というのが真実です。

投影された現実は「過去」でしかありません

実践して気が付いてください

これは単なる自己啓発ではありません。

本質の視点に立ったシンプルな事実です。

あなたが『幸せ』であることに活用してみてください。

あなたには『パワー』があることを思い出してください。

実践して気が付いてください
思い出そう
  1. 先に決めることで、現実はそれに合わせて動くことになる
  2. 現実に合わせるのではなく、現実に合わせさせる
  3. 慣れてくれば、これが「自然な循環の流れ」だと気付く