自分のからだ、ゆるやかな変化に気が付かず

雑記。

ここ数日間、なにか「からだが苦しい」という感覚が拭えず。
実際に呼吸が浅かったり、集中が途切れるのが早かったり、足裏から変な汗が出て、非常に臭ったりと。

何かがおかしい……。

都内に引っ越してきてから初めて、夜に軽くジョギングしてみた。
妻と一緒に、ゆるやかなペースで、ほんの15分か20分程度だが。

何かがおかしい。
腹回りに、水がパンパンに入った浮き輪を付けて走っているようだ。

帰宅して、久しぶりに体重計に乗ってみると、自分の人生史上、最高の体重だった。
いつのまに!?

暴飲暴食はなかったが、運動不足はずっと気になっていた。
引越し前と比べ、歩く量が激減し、自転車は手放し、移動は全て電車。

週に1回、体育館でバスケをするのだが、運動はその程度。
日々の生活スタイルの中には皆無になっていた。

肉体改造の決意

このままじゃいかんと、今日から改善の決意。

あれやこれやが忙しいということを言い訳に、自分のからだを疎かにし続けてしまった。
それを認めなくてはいけない。それにまだこの段階で気が付いて良かったではないか。

自分史上最高の自分になろう。
肉体的にも、あらゆる面で。