借金まみれの彼氏にダメだと思っていてもお金を貸し続けてしまう

借金まみれの彼氏にダメだと思っていてもお金を貸し続けてしまう
彼氏がギャンブル依存症です。
そして私は、そんな彼氏に依存しているのかもしれません。
友人に相談したら「そんな男とはスグ別れたほうがいい!」と強く言われたけど、そんな男でも好きなものは好きなのです。
確かに、彼氏の金銭問題は、解決の兆しが全く見えないし……私も本当にこのままで良いのか、わからなくなってしまう時があります。

今、彼氏は殆ど仕事をしてませんが、よく私に大きな夢を語ってくれます😌
そんな彼を応援したい気持ちもあって、事ある毎に、お金を貸し続けています💦

でも一方で、本当にこのままで良いのかと考えてしまうこともあって、それを彼氏に打ち明けたこともあるのですが、喧嘩になってしまい、とても辛い思いをしました😢

かといって、私もそんなに貯金が沢山あるわけではないし、いつまでもこのまま続けていても、何も変わらないかもしれないという不安もあって💧

友人に相談しても、ただ「別れろ」と、私の彼への想いはあまり考えてくれなくて、もう、どうしたらいいのか……😰

あなたは一生懸命頑張っているのに、それを理解してくれる人は周りにはなかなか居なくて、さらにその頑張り自体も「本当に正しいのか……」と迷ってしまう。これは、もの凄く辛いですよね💧

ここまで頑張ってこれたあなたを素晴らしいと思いますし、あなたもあなた自身を、よく労ってあげてください🙏🏻

はい……😢

では、私はこのままの感じで、頑張っていくのが良いんでしょうか❓

では、一つだけ見直してみましょっか❗

あなた自身をよく見つめて、あなた自身の声を耳を傾けるように内側に尋ねてみてください👂🏻

「私は何故、彼氏にお金を貸すのだろう?」と💫

それは〈彼氏が困っている時、私がお金を貸すことで、彼が助かるから〉です😓

いえ、それだと、単にあなたが思う、状況の想像になります💨
〈○○だから△△したら□□になるだろう〉というような🙌🏻

《私は何故》を、素直に問いかけてみてください👂🏻

水面に小さな石ころをポンと落として、その波紋の広がりを見るような感じで💡

……はい、わかりました💦

やってみます👂🏻

自分の内側は全てを知っている!?

困った時や悩んだ時。
誰かに聞いたり、検索で調べたりする前に……
自分の内側に投げかけてみるのはどうでしょうか?

気軽な気持ちでかまいません。
それがあってるとか間違ってるとかは、ひとまず置いときましょう。
『自分の内側に耳を傾けること』自体が、大切になります。

それは、一人芝居のように対話をすることではありません。
ただ、投げかけて『そのまま放っておいてOK』です。

答えが出てくるタイミングは、答え自身が知ってます!
任せておきましょう♪

……。

……もしかしたら、ですけど〈私は、私よりも、お金の方に価値があると思ってるから〉のかもしれません💦

すみません、間違ってるかもしれません💧

いえいえ、間違ってることなんてないですよ💡

あなたが、あなたの内側に、耳を傾けたことが大切なんです🙏🏻

それに僕もそう感じました🙌🏻

あなたは、あなたよりも〈あなたから切り分けて考えたお金〉という物質の方が大切だと思い込んでいるのだと思います💫

彼氏がまた「お金を貸して」と頼んで来た時、それを断固拒否すると、どんな感じがしますか❓

……すごく苦しいです💦

もしそれがキッカケになって彼氏に嫌われてしまうと想像すると😢

わかってはいますが、私は彼氏に依存してるんです💧

いえ、あなたが〈依存している〉のは彼氏ではなく〈お金〉の方ですよ💡

あなたが、その声を聴いたように〈私よりも、お金の方に価値があると思ってる〉ので、彼氏にお金を貸さなかったり、貸せなくなったりすると、それに合わせて、あなたは「そうなったら私は無価値だ」と思い込んでしまう💦

その上で、今度は「無価値な私になったら、大好きな彼に嫌われてしまうかも」と💧
なので、彼氏のことは、一旦ちょっと置いておきましょう🙌🏻

そしたらやっぱり、私はもう、彼にはお金を貸さない方が良いんですか❓

貸すか/貸さないかは、どちらでも良いと思いますよ💡
決してあなたを、突き放す意味ではなく💫

それよりも……お金を貸す/貸さないに関わらず、あなたはあなた自身の価値を認めるのが良いと思います。

それは、どうしたら良いんですか😢❓

あなた自身を、十分に愛してあげましょう💡
先ほどあなたが、あなた自身の内側の声に耳を傾けてくれたように、です⭐️

耳を傾けて聴こう

例えばそれは……
コンサートホールにたった一つ置かれたピアノが奏でる、極々小さな音に耳を傾けるように。

演奏者は一人。
観客席には、ポツンとあなた一人。

演奏者はあなただけの為に、鍵盤を優しく叩きます。
コンサートホールに「ポン――」と、小さくて優しい音が響きます。

その音を聴くためにすることは何でしょうか?

何もありません。
むしろ、何かをしていたら聴けません。
他の何かを気にしていたら聴けません。

演奏者は、いつでもあなたの為に、ピアノを奏でています。
例えあなたが耳を傾けなかったとしても、奏で続けています。

但し、演奏者は(良くも悪くも)観客のあなたを優先してしまいます。
あなたが他の何かをする時には、邪魔にならないように、さらに小さな音で奏でます。

小さな BGM として、あくまで、あなたのすることを立ててくれます。

でも、あなたが、耳を傾けてくれたなら、今度はそれが嬉しくなります。
美しい旋律から始まり、柔らかくも徐々に力強く、優しくも大胆に、歓びの楽曲が奏でられます。

……確かに、私は、私自身のことを、ずっと疎かにしてきたのかもしれません😢

彼氏のことは「私が何とかしなきゃ、私が頑張らなくっちゃ」と、ずっとそう思い続けてきたんですけど、私は私を無視していたのかもしれません😥

今、そう気が付けて、今、あなた自身を大切にしたのですから、何も責める必要はありませんよ⭐️

……お金については、どうしたら良いですか❓

彼に貸すか/貸さないかは、また考えるとしても、今の私はまだ〈お金について〉を、どうやって考えたら良いのか、わかりません💦

ずっと、彼に貸すこととか、貸せることとか、貸してることとか、そのことばかり中心に考えてきたので……正直なところ、混乱してます😩

そしたらこれをキッカケに《お金について》を知っていく、第一歩にしてみたらいかがでしょうか❓

お金は《エネルギー》と言い換えても良いです💡

あなたはこれまで、使い方を極々限っていましたが、今のあなただったら、これからワクワクする方向に、そのエネルギーを使ってみたってOKです❗

そういうエネルギーの循環と意識しながら、彼氏に投資したって良いわけです💡

もしかして、もしかしたら……《あなたからのエネルギー》を受け取ったその彼が、何らかの夢を実現することだってあり得るかもしれませんし🙌🏻

貴重な私のエネルギーを、ギャンブルなんかに使わせてる場合じゃないですね😅

ちゃんと彼と話し合うようにしてきます💪🏻

やっぱり彼が好きだし、彼の夢が実現するように、そのためだったら、多少の衝突も恐れずに、しっかりと向き合ってきますね❗

ナイスファイト❗

お金はエネルギー!

あなたはどんな気持ちでお金を受け取って、どんな思いでお金を支払っていますか?

「もっとくれたら良いのに」と不足の気持ちで受け取ったり。
「もっと安かったらなあ」と惜しむ思いで支払ったり。

お金がエネルギーなら、それはむしろ〈もったいない取り扱い方〉です。

とりあえず試しでかまいませんので、1回実験しましょう。
気楽な気持ちで、遊びです。

今、あなたが「これくらいなら無駄遣いでも惜しくないかな」という金額、例えば1,000円か、500円か、100円か、それで買える、ちょっとワクワクするようなものを探して、見つけて、買ってみましょう。

普段は買わないお菓子とかが良いでしょうか。
それであまり馴染みのないお店が良いですね。

それを表情に出るくらい、思いっきり感謝して買ってみましょう。
もう本当に《超・思いっきり》です。

ごっこ遊びだと思って、やってみてください。
お釣りを受け取る時など、店員さんに最高のスマイルをあげてください。

例えば、不足の気持ちで受け取る10,000円よりも、感謝の気持ちで支払った100円の方が、エネルギー循環が促されることを体感できれば、自然と〈もったいない取り扱い方〉はできなくなります。

あなたの感覚で、腑に落ちるのが、何より大切なのです。