美容関係に費やしたローンやクレジットカード支払いに追われて毎日が苦しい

美容関係に費やしたローンやクレジットカード支払いに追われて毎日が苦しい
返済の見通しが甘かったのは自業自得です。
ローンを組んだ時や、カードを使ってる時は「ま、何とかなるでしょ♪」と軽やかな気持ちだったんですが、いざ支払日が近づくと、毎回、胃が痛むくらい苦しみます。
それでもこれまで何とかやってこれたんですが、今月の支払日は、いよいよ首が回らなくなってしまい、どうしたら良いのかわかりません。
気を抜くといつもお金のことばかり考えていて……なんか宝くじでも当たって、一気に解決してくれないかなって、妄想に浸るのが癖になっています。

あまり暗くなっちゃダメだと、気分転換にカフェにも行くんですけど、結局その場しのぎで💦
そもそも、そういう細かい無駄遣いもいけないってわかってるんですけど、でもじっとしてることができないんです😖

「じゃその分もっと働いたら?」って思われるかもしれないですけど、やっぱりそれも難しくて……自分に甘いのは重々わかってます😓

そんな甘い私は、この先、何をしても、こうやって苦しみ続けるしかないんでしょうか💧

借金で首が回らなくなるのは、本当に苦しいですよね💧

お気持ちよくわかります💦

その『首が回らない』とはよく言ったもので、一説によると『常に首周りが緊張して、筋肉が硬直し、首が固くなってしまう様子』を表したものらしいです。

だから〈苦しみ〉という方向ばかりを見てしまい、そこから逃れられなくなってしまうのですね。

じゃあやっぱり私は、苦しみ続けるしかないんですか❓

首が固くなってしまって動かない時は、何を動かせば、見えるものを変えられるでしょうか?

やっぱり「体を動かせ」ってことですよね❓

もう仕事を選り好みせず、何でもいいから、とにかく働いて、借金を返すのが筋だってことですよね……借りたものを返すのは当たり前だし、それはわかってます😭

首が固くなってしまって動かないまま、そのまま真っすぐの方向に体を動かしていっても、それは〈苦しみ〉に近づいていくだけです🙌🏻

もちろん、そういった方法で「苦しみを正面から対処すること」も出来るのですが……ただ、それだと、真正面に見える〈苦しみ〉から目をそらす為、ストレス解消にお金をかけ、また別の借金を作ってしまったりで、余計に〈苦しみ〉を増やしてしまう場合があります💦

その前に、ちょっとストレッチングでもして、首の周りを柔らかくほぐしてみましょう💡

ほぐれたら、何か変わりますか❓

〈苦しみ〉が置かれている角度しか見えない状態から、視野が広まり、360度見渡せるようになったら、また違った発想が出てくるかもしれませんよ❓

何か「一発逆転」のアイディアがあるってことですか❓

「苦しみから逃れる為に一発逆転しかない!」では〈苦しみ〉を見ているのと何も変わっていません💦

体を動かす、よりも先に、体の向きを変えてみてください💡

向きが変われば、例え首が回らなくて動かなくても、見えるものが変わってきます👀

だとしても借金は無くならないですよね❓

「苦しみの正体」がわかるかもしれませんよ❓

正体を暴いてしまえば、借金を対処するにも、わざわざ〈苦しみ〉を伴わなくて良くなります💡

結局借金はなくならないってことですか❓

慌てずにいきましょう❗

あなたは今まさに、首が回らず〈苦しみ〉の方向から目が離せないでいるだけです👀

大丈夫ですよ、本当に⭐️

あなたが影を見てる時、光は背中に当たっている

その〈苦しみ〉を影だと表現してみましょう。
あなたが影を見てるのなら、それはあなたの背中には光が当たっている証拠です。

あなたが「私の自業自得だし、私が悪いんだ……」と自己卑下をしてしまう事柄だとしても、あなたには光が当たっています。
例えそれが、借金の苦しみだとしてもです。

「その苦しみから目を逸らせ」ということではありません。
『その苦しみの正体を暴け』ということです。

影に実態はありますか?
それと同じように。

苦しみに実態はあるのでしょうか?
暴いてしまいましょう。

まずは現実的な観点から見てみましょう💡

あなたがローンを組めたり、クレジットカードを持ってそれを扱えたり、ということは「あなたにはそれだけの信用がある」という証明でもあります🚩

返済があることも同様に「あなたには返済できる」という信用が成り立っているのです⭐️

またあなたが多額の金額を支払ったということは、それだけ経済を回したことになります💫

経済を回すというのは「世の中に価値を生み出すこと」と同意です💡

あなたが費やしたものが何であれ「あなたがその行動によって価値を生み出したこと」は、揺るぎない事実なのです❗

でもだからといって、もしこのままローン返済ができなくなってしまったら、私の信用はなくなってしまいますよね💦

「カラダを売ってでもお金を作るべき」なのかもしれませんが、私にはそれは難しいんです😢

もちろん、そうしてる他の方を悪く思っているわけではありません……正直に打ち明ければ、少しだけそういう副業も体験したことがあります……が、私にはどうしても続けられませんでした😭

私の思うように散財しても、経済を回したことになったのでしょうが、でも実際起こっているのは、そんなことよりも、借金で毎日が苦しいということだけです😰

では、今度は起こりそうだと思ってることを見てみましょう👀

実際、返済が遅れたり、返済ができないままだと一体どうなるのか……あなたの元に「返済を促す」封書や電話がやってくることになります🙌🏻

そんなことになったら一体どうしたらいいんですか💦

よく見てみましょう❗

それは、ローン会社やクレジットカード会社が、あなたに『返済を促す為の仕組み』であって、会社が「あなたを苦しめる為に行っている」わけではないんです🙌🏻

行き着くところまで見てみてもそうです❗️

もうどうしても返済できないと、債務整理や自己破産をするまでに至ったとしましょう……それだって「あなたを苦しめる為に行われる」のではなく、真逆の『あなたを救う為の仕組み』です💡

そうだとしても、そんなことにまでなったら、私はもう終わりです😱

そりゃあもちろん、命まで取られるわけじゃないのはわかってますけど……そもそも、そんなことは望んでないんです💦

〈苦しい〉と感じますか❓

当たり前じゃないですか❗

誰が誰を苦しめているのでしょう❓

もちろん、借金が私を苦しめているんです😖

ご説明した通り、借金は単に〈信用の証〉であって、あなたを、苦しめる意図は一切ありませんでした💡

それにあなたも苦しむ為じゃなく、望んだように使って、おまけに世の中に価値まで生み出してくれた❗

さらには、返済が全く出来ない状態に行き着いたとしても、ちゃんとあなたを救ってくれる仕組みまで用意されてます……では一体、誰が誰に〈苦しみ〉を与えているのでしょうか❓

……もしかして「私が私に〈苦しみ〉を与えてる」ってことですか❓

その通りです💡

あなた自身が「苦しむこと」を選択しているに過ぎません

「苦しくてもポジティブに考えなさい」ということではありません。
それは単に事実なのです。

あなたが「苦しい」と感じる時。
あなた自身が、苦しむことを選択しています。

選ばされているのではありません。
あなたが積極的に選択しているのです。

まるで無慈悲に思えますか?
この事実はむしろ、慈悲に溢れています。

何故なら。
あなたが選択しているのなら、それを選択しないことも、別を選択することも可能だからです。
「私がそれを選択している」という事実を認めることだけが、それを可能にします。

まず、あなたは「私が苦しいのは、私が苦しむことを選択しているから」という事実を認めてみてください🙌🏻

理屈はわかっても、認めがたいです😓

逆に言えば、それを認められないということは、あなたは、あなた以外の物事にパワーを明け渡してしまっていることと一緒です🙌🏻

つまり、お話してくれた今回のケースで言えば、それは「お金」です💴

それだと、あなたから見た、お金のある/なしに応じて、時に苦しくなったり、時に苦しみが和らいだり……先のことを言ってしまうと、例えお金を沢山稼げるようになったとしても、今度はそれを失う不安に苛まれたりと、どちらにせよ、あなたが〈苦しみ〉から逃れることは困難になります💦

確かにそうかもしれません😫

あなたが自分で選択をしているという事実を認める「それを100%受け入れること」は、あなた側にパワーを戻すことと一緒です❗

あなたが事実を認め、あなたにパワーを取り戻せば、あなたは再選択が可能になります⭐️

「苦しまずに借金を返済していきないさい」ってことですか❓

〈苦しみ〉と〈借金〉には何の関連性も無いと知ることです💡

また『お金はエネルギーだ』と認識してみてください💴

ローンやクレジットカードという仕組みを使って、あなたはエネルギーを循環させました💫

あなたから見れば「先にエネルギーを借りた(受け取った)」ことですが、貸した側から見れば「先にエネルギーを貸した(与えた)」ことで、全体としては、どちらにせよ上手く循環が成されているのです💡

ですので、そもそも借金に〈罪悪感〉を持つ必要は何処にもありません💴

あなたがエネルギーを受け取りたい時には、あなたがエネルギーを与えて、循環を促せば良いのです💫

はい……😶

受け取るばかりで、与えるのを惜しむと、循環が滞ります👀

現にあなたは「今月の支払日が来なければ良いのに」とすら考えていませんか❓

はい……😓

支払いの機会があるのは、それだけエネルギー循環を促すチャンスが与えられているのと同義です💡

別に「無理して支払え」ということではありません🙌🏻

『支払える時には、惜しむ気持ちではなく、気持ち良く与える意識』が好ましいのです💡

実際、ローン会社やクレジットカード会社が、あなたと契約したり、あなたがカード利用する時に、罪悪感を与えるようなことをしてきましたか❓

むしろ「ご利用ありがとうございます」と気持ち良くそれが成されるような仕組みにありませんでしたか❓

……はい、私も気持ち良く買い物をさせてもらいました😅

会社側も売上を立てる為なので、その思惑的なところはひとまず置いておきますが……ただそうだとしても《エネルギー循環の仕組み》を利用していることには変わりないのです💡

よくわかりました💦

……それはそれとして、私に今起こってる、実際の問題にはどう対処するのが良いんでしょうか❓

あなたには今、何も起こってませんよ❓

起こってます❗

結局、支払日が迫ってくるという問題には変わりがありません😭

「○日の支払日が迫ってくる」と不安になっているだけで、あなたには今、何も起こっていません

わけわかんないです😵

そんなあなたには瞑想(マインドフルネス)をオススメさせてください💡

先ほど色んな視点から見てみたように、あなたに今起こっていることを見てみてください👀

それをすると何か変わるんですか❓

あなたが変わると世界が変わります🙏🏻

世界が変わると、私は楽になりますか❓

世界が変わると、あなたが楽になるのではありません❗

あなたが楽になると、世界があなたに楽をさせてくれるんです❗

どちらにせよ瞑想(マインドフルネス)して損になることはありません💡

気楽に試すところから始めてみてはどうでしょうか❓

……はい、そうしてみます😶

他に為す術もないし、そう言われるのなら、この機会に始めてみます🌱

良い機会ですよ、きっと💡

瞑想の機会を設けよう

便宜上「瞑想への取り組み」と表することもありますが、実際のところ、瞑想とは「取り組み」ではなく『取り組みをやめること』です。

私たちは常日頃、様々なことに取り組んでいます。
思考活動はその最もたるもので、頭の中ではただただ物事をこねくり回し、時に不安に、時に苛立ち、時に苦しく、時に悲しみを錯覚させます。

述べた通り、それは錯覚なのですが、あなたがそれを「本当のことだ」と思い込むと、途端にリアリティが吹き込まれ、あなたは、あなたの思考の通りに同化します。

瞑想とは、そういった取り組みをやめること。
あるいはまた、その取り組みから距離を保ち、自分のものとはしないこと。

あなたがもし「この問題は一体どうしたら……」と迷われるようなことがあれば、ひとまず瞑想の機会を設けてみるのも、良いかもしれません。