鏡に写った自分の顔を見てガッカリする癖がやめられない

鏡に写った自分の顔を見てガッカリする癖がやめられない
化粧をする時間を除いても、毎日90分以上は鏡とにらめっこしています。
「ここがこうだったら良いのに」って考え続けるのは不毛だとわかってるんですけど、やめられません。
整形することも視野に入れてますが、時間もお金もかかるし、今すぐ変えられないし、何より家族や周りの人にどう説明したら良いのかとか、別の悩みが生まれてしまいます。
美貌もお金もある人が羨ましくて仕方がありません。

韓国アイドルが好きなんです😍

彼女たちって凄く綺麗じゃないですか❓

なまじ好きなだけに、ブスな私には不相応なほど、美意識が高くなってしまってるのかなとも思います😭

もし全身整形するとなったら、とてつもない金額のお金が掛かってしまうし……でも、この私のブスな容姿で、この先の人生を、どう生きていけば良いのかも、わからなくなってます😫

打ち明けてくれてありがとうございます💡
ちなみにそれは〈毎日〉同じように考えてしまうのですか❓

普通に生活してたら、鏡を見ない日って、基本的には無いじゃないですか❓
なので〈毎日〉考えてしまってます😧

ということは、過去に遡れば、昨日も一昨日も、その前もずっとそう考えていて……
未来予測的には、明日も明後日も、その後もずっとそう考えてしまう、ということですか❓

だから、整形する以外に解決方法が見つからないんですよ☹️
でも「いつ整形できるか」今の時点で全く見えないのもストレスで💦
それまでどう乗り切っていけばいいのか、悩んでます💧

もしもの話ですが……無事に整形が成功しても今と全く同じように〈自己否定〉や〈自己卑下〉を繰り返してしまう結果だとしたら、どうしますか❓

いえ、それはあり得ません❗
そりゃもちろん、元々の顔やスタイルもあるから、アイドルみたいに完璧にとはいかないかもしれませんけど、少なくとも、今、私が気にしている箇所が直れば、少しずつでも自信が付いてくると思います😤

わかりました💡
お気持ちお話してくれてありがとうございます🙌🏻

欠乏や不足感から何かを変えようとするのは、大変に注意が必要です

「△△が◯◯になったら、満足するのに!」
そういった〈欠乏・不足感〉をスタート地点にして何かを変えようとしても、殆どの場合上手くいきません。

何故なら「原因から欠乏・不足感が生まれている」のではなく『欠乏・不足感こそが、その原因を創り出している』からです。逆なんですね。
すぐには信じられないかもしれませんが……このアベコベのようなことが事実です。

そして、この事実に気が付かないと、あなたの「変えたい」という思いが切実であればあるほど、罠にハマり、そこからどんな手段を講じたとしても、延々と不足感と戦う羽目になります。

では、何かを変えたい時には、何から始めれば良いのでしょうか?

ズバリ《満足感》をスタート地点にしてください。
「欠乏・不足感があるから変えたい、そもそも満足してたら変わらなくて良い!」と、そう思われますよね?

皮肉に思われるかもしれませんが「変わっても変わらなくても、どっちでも良いよ」と、今の《ありのままを受け入れている状態》こそが、最も自然に、最も良い形に、変容するのです。

一説によると、人は1日に約60,000回も思考すると言われています👤
しかもその95%以上は、前日と全く同じ思考をしているそうです🌀

欠乏、不足感に関する思考から離れられないのであれば、殆ど毎日が、その思考に支配されているといっても良いかもしれません。しかもその欠乏・不足感こそが、それを感じさせる現実を創り上げているとしたらどうでしょう❓

言われていることはわかりますが、でもそれを断ち切るには、やっぱり行動するしかないですよね❓
私の場合でいえば、整形する以外に方法が見つかりません💦

例えば、整形手術自体が失敗に終わることや、満足や納得が行かず、また別のクリニックを探すことになる可能性などは、考えられましたか❓

ここで述べたいのは「整形がいけない」ということではなく、欠乏・不足感から行動に至っても、それは欠乏・不足感を助長する可能性が非常に高いということです❓

それじゃ整形をして、幸せになることは不可能なんですか❓

「整形をして→幸せになる」ことは、ほぼ不可能です💦
残念ながら望みは叶えられない可能性が非常に高いです💧

なので『整形とは全く関係なく、幸せで在る』ことが重要です💡
あなたが幸せで在るなら、整形しても幸せな整形になるし、整形をしなくても変わらず幸せで在り続けます🙌🏻

でも「容姿が変わらなきゃ」いつまで経ってもずっと不満足じゃないですか❓

「容姿が変わっても」不満足が続くかもしれませんよ❓

実際、世間的には「美しい」と呼ばれる人が、自身の容姿に苦しみ続けているケースは多くあります👀
満足感は外側ではなく、内側で満たさなければ、永遠に追い求め続けることになります🌀

じゃ全身整形とまでは言いません☹️
ただ「ちょっとだけでも変われば」ちゃんと満足できるはずです❗

「ちょっとだけでも変われば」という欠乏・不足感が、その原因を創り出しているので、その流れに乗っかってしまうと、また次の「ちょっとだけでも変われば」が、必ずやって来ます🌀

大切なのは「ちょっとだけでも変われば、って思ってるけど、まぁこれで我慢するか……」と思わなければいけないことではなく、そう思っている自分自身をも受け入れることです💡

ガッカリする癖をやめようとするんじゃなくって、そうしちゃう自分も受け入れるってことですか❓

まさにその通り❗
それが「ありのままの自分を受け入れている」状態で、最も自然な変容を促します⭐️

変わることって本当はとっても簡単♪

空には雲が浮かんでいます。
空の風景は常に変化し続けています。
1秒前と全く同じでいることの方が遥かに難しく、変わり続けることが自然であり、それが『完璧』なのです。

人の体も同じように変わり続けています。
食べ物を体内に取り入れ、肉体を創り、不要なものを排泄する。
髪を切ったり、爪を切ることもそうです。

思考や感情も同様に変わり続けていきます。
否定することは何もありません。

それは「否定してはいけない」ということではありません。
「否定した」自分をも『受け入れる』こと。
自分を受け入れられないこと、それをも『受け入れる』ことです。

何かを変えようとするのは、空の風景を固定する試み(Doing)です。
自然のままにしておけば、常に完璧(Being)に在るのです。

何より不思議なのは、その状態(Being)で在る時、あなたが普段考えている理想など足元にも及ばないほど『真にあなたが求め続けていた理想』を体感することになります。

実は、変わるのって、とっても簡単なんですよ💦
もし「変わるのが難しい」というのであれば、その「変わるのが難しい」という認識が、実際に変わることを難しくさせています💧

それって整形しなければ変わらないようなことでもですか❓

あなたが「整形しなければ難しい」と認識していれば、それは難しくなります💧

じゃ私が「整形しなくても変わるのは簡単!」って思い込めば、簡単になりますか❓

そうすると〈整形しなくても変わるのは簡単、と思い込まざるを得ない〉状況が創られます💦

現実は、あなたが「思った通りになる」のではなく、あなたの『認識の通りに展開している』のです💡

……そしたら私はどうしたら変われるんですか😭

「変わりたい」と思っている自分自身を受け入れましょう🙌🏻

同時に「変わったら良いけど、変わらなくても良いや」と、ありのままの自分も受け入れてみてください🙏🏻

受け入れられない時はどうしたら❓

「受け入れられない自分」も、受け入れてみてください💡

何か方法を求める(Doing)では、結局延々と求め続けることになります🌀
そうではなく、あなた自身を受け入れる(Being)という視点に立ってみてください💡
何をしたら良いか、何をしなくても良いかは、その立ち位置から自然と見つかります👀

じゃ場合によっては整形が良いってことになるかもしれないんですよね❓

もちろんそうです。整形が良いのか、食生活や生活習慣の改善なのか、ヨガやピラティスなのか、それともまた別のアクティブなものなのか、必要な知識を得られる為の本なのか、先生なのか、教室やワークショップなのか、はたまた「ありのままのあなた」を受け入れてくれる最愛の人なのか……👀

何が良くて何が悪いってことは無いんですよ🙌🏻
Doing の視点から見ると「正解 / 不正解」を分別するので、正解を見つけ出さなきゃいけないと、焦りがちです💦
Being の視点では、あなたが選択したものが『全て正解』と理解できるので、場合によってその方法が整形手術で、あなたが想像していた以上に素晴らしい整形の結果になるのかもしれません💡

それにはまず「ありのままの私を受け入れる」ってことになるんですね😅

焦る必要はありませんよ🙏🏻
あなたが「ありのままの私で無かった時」など、ただの一瞬も無かったのですから⭐️

それって「空が空で無かった時が無いように」ってことですか❓

完璧です❗

私たちが完璧で無かったことなどありません

「空を流れる雲のように悩みを手放しましょう」ではありません。
悩みがあったり、それを手放したり、手放せなかったりすること“そのもの”が、まるで『空を流れる雲のよう』なのです。

自然から何か新しい知識を学ぶのではありません。
自然の在り方“そのもの”が、私たちに知恵を思い出させてくれるのです。

完璧を求め続けることが大切なのではありません。
何かと完璧を求め続けてしまう、その“ありのまま”こそ完璧だと知ることです。

例えあなたがどのような悩みを抱えていたとしても、大丈夫。
「大丈夫」と知ることが、悩みを消し去ってくれます。
あなたが思考していた以上に、遥かに適切に。

愛。
思い切って『信頼』してみてください。