新型コロナウイルス問題の影響で学校卒業前の大切な時間が台無しに

新型コロナウイルス問題の影響で学校卒業前の大切な時間が台無しに
あとは卒業式に向けて、友達達と楽しい時間を過ごすだけだったのに、色んなものが自粛になっちゃって、何もかも台無しにされた気分です。
この学校の卒業式なんて人生でたった一回しかなくて、もの凄く貴重な時間だったのに。
最後にこんな思い出になっちゃうなんて、悲しいし悔しい気持ちです。
本当にこれしか方法がなかったんでしょうか。

大人の人たちは良いかもしれませんけど、学生の私たちにとっては、最後の最後の大切な時間だったんです😢
それがこんなことになっちゃうなんて😭

学生の時のイベントの一つひとつは、思い入れも強く、しかもそれが最後の卒業式シーズンで、突然無くなってしまうとなると、ショックも大きいですよね💦

どうにかならなかったんですかね❓

どうなって欲しかったですか❓

もちろん、普通に学校があって、最後に沢山遊んで、予定通りの卒業式を迎えたかったです😩

それは新型コロナウイルス問題があったとしても、ですか❓

……その問題があったから、現実的には難しいのはわかってますけど、でも、学校生活の最後にこんなことにならなくてもって気持ちが拭えないんです💦

一旦視点を変えてみるのはどうでしょう❓
つまり、問題がいつ起こったとしても、もしかしたら「よりによって何でこんな大切な時期に……」と思ったかもしれませんし、そう思う人はいないでしょうか❓

「学校生活の最後」という、確かにそのタイミングに当たる人は節目だと思いますが、あらゆる全てのタイミングが「何かの時期」であり「何かの最後」ではないでしょうか❓

でも、大人になって、会社で働いている人とかは、別に卒業式とかは無いじゃないですか❓

相対的に見て「私のほうが辛い」と考えてしまうと、何も気付かなくなってしまいます👀

それこそ、新型コロナウイルス問題によって、会社を失ってしまった人からしたら「学生はまだ生活がかかってないし、こっちの方が辛い」と、お互い自分のモノサシで相手を判断する〈不毛な決め付け合い〉に行き着きます💦

……でも、台無しにされたのは事実です😓

すると「台無しになるかどうか」は、周りの状況次第ということですか❓

もちろんそうです❗

そうであるなら、今回の問題が起こらなかったとしても、別のタイミング、別の形で、あなたが「台無しにされた」と悲しんだり怒ったりすることになりましたよ❓

今回のこれを期に、あなた自身に《パワー》を取り戻してはいかがでしょう❓

……私にパワーなんてあるんですか❓

あなたがそれに気が付けば「周りの状況によって、何かが台無しになること」は、二度と起こらなくなります❗

コントロール欲求を手放し、パワーを取り戻そう!

「こうなって欲しかった」
「こうなって欲しくなかった」
あなたがそう考える時、コントロール欲求が働いています。
コントロール欲求が働くと、あなたは自身のパワーに気が付くことが難しくなります。
何故なら、欲求は〈現実〉に働きかけますが、現実とは《あなたの内側が映し出されたもの》だからです。

試しに、鏡の前に立って、しかめっ面をしながら、鏡の中あなたを笑わそうと努力してみてください。
必死になればなるほど、必死の形相が、映し出されることでしょう。

「台無しにされた」と嘆きながら、現実に何かを期待するのも同様です。
「台無しにされた」と感じることを、余計に助長される出来事が起こります。

現実とは《あなたの内側が映し出されたもの》だと理解し、あなたの内側のパワーを使ってみてください。

あなたが「台無しにされた」と嘆くほど、またそれを強く感じさせる出来事が沢山目の前に現れるはずです👀
それは〈現実〉の方に、あなたのパワーを明け渡してしまっているから他なりません❗

パワーはあなたの内側に在ると、理解してください。本当に望んでいるのは「台無しにされた」と嘆くことではなく、仲間たちと楽しい時間を過ごすことではないですか❓

……でも現実的に考えたら、条件が限られてるじゃないですか❓

現実的に考える必要はありません❗
自分のしかめっ面を、鏡に見ながら「現実的に考えて、笑わすのなんて無理……だってずっと、しかめっ面が映ってるし」と考えるのは、とってもおかしいですよね❓

それは確かにおかしいですね😅

あなたの考えている〈条件〉というのも、あなたの内側にあります❗
現実はそれを映し出しているだけなので、あたかも〈絶対条件〉のように見えてしまうのですね👀

……ふと思ったんですけど、そういうことって、どうやって学べば良いんですか❓

あなたは元々知っていたんですよ♪ 幼かった時のことを思い出せるかどうか……はわかりませんが、小さな子供は、本気で「何にでもなれるし、何でも出来る」と思っていますよね⭐️

でもそれは単に現実を知らないだけじゃないですか❓

子供の頃の夢をそのまま叶えている人たちもいます。それは「現実に合わせて頑張っていった」ように、周りからは見えますが、実はそうではなく『自分の内側に、周りの現実が合ってきた』という感じに近いのです❗

自分が現実に合わせるのではなく、現実が合わせてくる自分になろう!

自分が現実に合わせていくと、殆どの場合、負のスパイラルにハマり込みます。
現実に嫌なことがある → 自分の内側が嫌な気持ちでいっぱいになる → その内側を現実が映し出す → また内側が嫌な気持ちになる → それをまた現実が映し出す……

それは、悲しい顔を鏡に写しながら「いつかは、鏡の中の自分が笑ってくれたら良いのに……」と落ち込み続けるようなもの。
そんな流れは断ち切ってしまいましょう。

幸いなのは、断ち切るのは《一度切りで良い》のです。
何処かで断ち切ってしまえば、必ず現実に変化が訪れます。

注意すべきは、その現実の変化を発見できずに、また負のスパイラルに戻ってしまわないようにすること。
『必ず現実が私に合わせてくるんだ』と、決め切ってしまうのも手です。
実際そうなのですから。

なんかちょっとずつ理解できてきました❗
そういうのってやっぱり〈強い意志力〉が大切ですよね❓

笑顔を作るのに〈強い意志力〉が必要でしょうか❓
一度気が付いてしまえば、ナチュラルに叶いますよ♪

確かに😅

こんな状況ですが、私は今、何をしたら良いんですかね❓

あなたのハートに従ってみてください💫
思い描いて『ワクワクする』ようなことも良いかもしれませんね♪

すると自然に《知恵と工夫》が湧いてきて……
「こんなこともできる、あんなこともできる!」と、沢山の発見があるかもしれませんよ❗

確かに🦀❗

素晴らしい❗
ユーモアも大事ですね♪

楽しいものを探すのではなく、楽しくなって、あっちから見つけてもらおう!

楽しくなるのに理由が必要ですか?
理由なく楽しくなってはいけないでしょうか?
確かに、最初の取っ掛かりはあったほうが、容易になるかもしれません。

但し、これは良い機会かもしれません。
「楽しいことがない」のに「楽しくなれる」と知れば、あらゆる面で役立つでしょう。

それは、あなたに『パワーを取り戻すこと』と同義です。
それは、あなたの『内側が現実に映し出されていると気付く』のとも同義です。

現実に〈証拠〉や〈根拠〉は探さないでください。
それから探しから始めると、それもまた負のスパイラルにハマります。

まず楽しくなる。
まず嬉しくなる。
まず幸せになる。

すると気が付くものがあります。
〈証拠〉や〈根拠〉は、後から勝手に付いてきて、解釈されているだけだと。

最初は腑に落ちないかもしれませんが「そういうものなのかな」と、納得できなくてもチャレンジしてみるくらいで、もしかしたら、丁度良いのかもしれません。

一度それが体感できると、そっちの方がナチュラルであることに、必ず気が付きます。
何故なら。
あなたに元々備わっていたパワーなのですから。