学校の友達みんなが SNS にハマってるのについて行けない

学校の友達みんなが SNS にハマってるのについて行けない
私のほうが少数派なのは理解しています。
けど別に、少数派を気取ってるわけじゃないんです。
単純に「何でそこまで楽しめるのか」がわからなくて、まわりと打ち解けられません。
このままじゃ「どんどん孤立してしまうかもしれない」という不安もあります。

スマホなんて無い時代に生まれたかったとすら思います😥
けど、持ってないと連絡もできないし、持ってて何もしないと、友達から奇異な目でみられてしまうし😓

それでも「私は私の道を」と言えれば良いんですけど、そこまで孤独に強いわけじゃないし……もしかしたら、単にワガママなだけかもしれません💦

スマホはもはや現代には欠かせないツールになりましたし、これからの社会を生きていく上で「全く利用しない」ことの方が、相当難しいのかもしれませんね💦

かといって、将来は自給自足の田舎暮らしをしたいとか、そういうわけでもないんです💦
都会的な生き方に憧れてるし、趣味もそういった感じだし……ただ、スマホとか SNS が苦手で仕方ないです😓

「学校」という、ある種、閉塞的な空間からの影響もあるかもしれませんね❗️
まずはその観点から見ていきましょう♪

本当のあなたと、世界の大きさや広さ

この地球上に、人間の肉体を持って生まれて、しばらくの間。
あなたは身体の境界線を潔く無視し、無限大とも言える大きさや広さを、感じていました。

やがて成長し「私がいる」というエゴ(自我)が生まれると、それを徐々に周囲にも適応し始めました。
ここが私の学校、これが私の友達、私の好きなのはコレで、私の苦手はアレ、など。
私の◯◯が増えるたびに〈私〉というエゴを、より固めていきました。

ある部分では、学校は〈私〉というエゴを、スムーズに固める為の仕組みとも言えます。

限られた場所の限られた人たち、限られた行動と限られた知識の中。
その評価が高くとも、低くとも「あなたはこういう人だから」というレッテルと貼り付けられます。

それを受けて〈私〉は「◯◯な私」を、より強めます。

学校を卒業して、社会や世間を眺め、視野を広める人もいます。
海外へと見聞を広め、世界の大きさや広さを、学ぶ人もいます。

そかしそれも、貼り付けられたレッテルの延長線上では、さらに「◯◯な私」を確固たるものとし、エゴを強めるか、あるいは「これまでの私は間違っていた」と、別のレッテルを貼り付け、それもまたエゴを強めます。

1つ思い出してください。

あなたは今ここで、すでに「世界の大きさや広さ」よりも、遥かに壮大な存在です。
本当のあなたは、人間の肉体の中になど、収まってなどいません。
それは学ぶものではなく『思い出すもの』です。

あなたが考える「私は◯◯が苦手だから」は、エゴである〈私〉が貼ったレッテルです。
レッテルなど剥がせますし、もっと言えば〈私〉というエゴは幻に過ぎません。

何か凄いスケールの大きな話になっちゃった気がしますけど😅
……つまり、私が「スマホや SNS が苦手!」って思うのは、私自身や、私の周りに居る人達が貼り付けたレッテルで『そんなの剥がしちゃえ!』ってことですか❓

その通り❗️
もっと言えば、あなたの考える「これが私」というもの自体も〈幻〉で、そんなの最初から何処にも居なかったし、その〈幻〉の思ったことや考えたことに、振り回される必要も、振り回される〈私〉も無い!……ってことですね💡

……それはよくわかりません😅
だって私はここに居るじゃないですか❓

では仮の話として……
「私はここに居る」と思っている〈私〉そのものが〈幻〉だったとしたらと🙌🏻
それをちょっと意識してみてください💡

はい……。

😶

……何か「一瞬」ですけど➰

はい🙌🏻

悩んでたコトが、全部フッと消えてしまった気がします😶

素晴らしい❗️
悩んでた〈私〉が消えたら「私の◯◯」も、無くなるのは当たり前なんです💡

でも……私が消えたって、その◯◯に当てはまる、例えば「悩み」自体は、そのまま残りますよね❓

それは、一体〈誰〉の「悩み」なんでしょうか❓

〈私〉はあくまで〈幻〉だとしたらってことですよね❓

そうです💡

う〜ん、だとしたら、それはもう「悩み」とは言えないですね💦

だって「私は幻」ってことで、私が消えちゃったら……。
別にそのコトだけがあったって、それは「ただそのコト」って感じですよね😶

まさに♪

エゴ(自我)は幻だと見抜いてしまいましょう!

エゴ(自我)とは、普段あなたが「これは私」と思っているものです。

「私の思い」
「私の考え」
などと、頭の中を沢山の思考が巡りますが、そもそもの〈私〉がエゴです。

あなたは物心が付いてから、多くの時間を〈私〉中心に過ごしてきました。

これまで、何かを得たり、何かを失ったりを繰り返してきたのかもしれません。
そしてこれからも、何かを得たり、何かを失ったりするだろうと夢想しています。

しかしその中心にある〈私〉こそがエゴです。
そして、それは〈幻〉です。

……と述べても、認められないかもしれません。
エゴにはそれが認めがたいのです。

但し。
あなたはそれを見抜いてください。

『本当のあなた』は、エゴなどではありません。
それを見抜いてください。

ふと思ったんですけど……
もしかして、スマホや SNS に物凄くハマっちゃう人が多いのって、エゴが喜ぶからですか❓

素晴らしい洞察力ですね❗️
そういった側面は大いにあると思います💡

これも何か思い浮かんだんですけど……
私が「そういうのが苦手」って思ってたのも〈そういうのが苦手な私〉ってエゴを作ってたのかなって😶

もはや言うこと無しですね❗️

そうやって気が付いていくだけで、レッテルは勝手に剥がれていきます🙌🏻
『本当のあなた』はレッテルとは無縁の存在ですから💡

『本当の私』って何ですか❓

エゴが無くなっても、そこにはモノやコトは残っていますよね❓

はい😀

それをただ経験している存在が、常に『今ここ』にいませんか?

……😶

「言葉」を追わないでくださいね❓
それは「何かをわかろうとしたがるエゴ」ですから💦

……🤭

考えるのではなく、感じてみてください🌟

……少しでも考えたら、絶対にわからないんですか❓

考えながら感じるのは難しい……というよりは、仕組み上「できない」ようになってます💫

考えちゃダメってことですか❓

「考える」など難しいことはせず、ただ易しく『感じる』だけでOKです🙌🏻
本当のあなたは、すでに『今ここ』に在るのですから♪

『本当の私』なんてものは探さないでください!

あなた自身が『本当の私』なのですから、探したら絶対に見つかりません。
探すのではなく、ただ気が付いてください。

考えるのも効果的ではありません。
わからないものを考えるのではなく、すでに『わかりきっているもの』を感じ取ってみましょう。

決して特別ではありません。
むしろ当たり前に在り過ぎて「見えているのに見ていない」のです。

空を見上げて「星」を探している時、そこには『ただ空が在ること』を忘れてしまうようなもの。
星を探していたら、空は常に見えています。

同様に。
あなたが今ここに居るのなら、本当のあなたも『今ここ』に在ります。
「探して見つけよう」などということは、一切諦めてしまいましょう。