《本当のあなた》は何一つ傷付いていない

例え何が起きても、です。
《本当のあなた》は何一つ傷付いていません。

例えば、悲しくて仕方のない時。
「私は悲しい」- I’m sad.
私=悲しい、ではありません。

本当は
『私は悲しいと感じている』- I’m feeling sad.
私と悲しい、は別のものですよね(私≠悲しい)。

ただ、悲しさという感情が、起こっているだけ……。
こんなアイディアから、ふと気が付くことも、あるかもしれません。