あなたの相手もまた、あなたです

私とあなた、と自分と他人を分けて考えるのが一般的ですが……。

実はそこに、隔たりなどはありません。

私と私、なのです。

元の対話を見る