全ては『在る』そして『願望は二重に叶えられない』

まず最初の重要な点として、全ては『在る』ことを認めてみてください。

「いやいや、自分には◯◯が無いよ」
と反論されるかもしれません。

例えばそれが〈お金〉という物質的なものでも、〈成功〉という概念的なものでも構いません。

それらの認識が『在る』からこそ
「いやいや、自分には◯◯が無いよ」
と、思考(エゴ)で解釈できるのです。

本当に『無い』ものは、◯◯の中に思い浮かべることすら不可能です(何故なら “無い” のですから)。

次に重要な点ですが、それは『あなたの願望は “既に” 叶っている』ということです。

「いやいや、自分には◯◯が無いよ」
↑ということを、あなたは “既に” 叶えています。

そして『願望は二重に叶えられない』ので「◯◯が無い」を叶えながら「◯◯がある」を重ねては叶えられないのです(これは法則と言っても良いでしょう)。

これらのことは、思考(エゴ)で納得するのは大変難しいです(不可能と言っても良いかもしれません)。
何故なら、思考(エゴ)こそが “無いという幻” を生み出す根源だからです。